帝京大学医学部附属病院、Bluetooth対応カメラで手術画像と患者を自動ひも付け

 帝京大学医学部附属病院は、Bluetooth対応デジタルカメラを導入し、3月末に本格運用を開始した。従来、手術室やICU、ERなどで使用していたデジタルカメラをリプレースした。撮影画像と患者情報とのひも付けを自動化し、写真データを患者ごとに振り分けて容易に病院情報システムに格納できる。

 導入したデジタルカメラは、Bluetooth、無線LANに対応しているリコーのCaplio 500SE model Wに、オプションの一次元バーコードリーダーSE-4を接続したもの。耐衝撃性に優れた防水・防塵の本体を持ち、血液や薬液を被るリスクの高い手術室などに適している。

 使用方法は、ます患者のリストバンドのバーコードを「カメラメモ」機能で読み取る。続いて、術前術後の患部撮影を行い、撮影データを手術室に設置されたBluetoothモジュールを搭載したデスクトップPCに転送。受信した撮影データは、バーコード情報を基に患者ごとに振り分けられて、病院情報システム「iEHR」のデータベースに格納される。昨年12月からICUで実証実験を行っていたが、今回20台を導入してICU、手術室、ERで本格的に運用を始めた。

 「撮影時にバーコードリーダーで患者を識別してデータ格納できるため、撮影データの取り違えといったミスを防げる。加えて、撮影から患者ごとのデータ振り分け・データベース格納の手間がかからず、作業が非常に楽になった」(帝京大学本部情報システム部部長 澤智博氏)という。

  Caplio 500SEは、静止画意外にもAVI形式(Open DML Motion JPEGフォーマット準拠)の動画撮影にも対応している。帝京大学病院は、今後手術中の短時間の映像撮影に利用することも考慮している。(増田克善=委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14