帝京大学医学部附属病院、Bluetooth対応カメラで手術画像と患者を自動ひも付け

 帝京大学医学部附属病院は、Bluetooth対応デジタルカメラを導入し、3月末に本格運用を開始した。従来、手術室やICU、ERなどで使用していたデジタルカメラをリプレースした。撮影画像と患者情報とのひも付けを自動化し、写真データを患者ごとに振り分けて容易に病院情報システムに格納できる。

 導入したデジタルカメラは、Bluetooth、無線LANに対応しているリコーのCaplio 500SE model Wに、オプションの一次元バーコードリーダーSE-4を接続したもの。耐衝撃性に優れた防水・防塵の本体を持ち、血液や薬液を被るリスクの高い手術室などに適している。

 使用方法は、ます患者のリストバンドのバーコードを「カメラメモ」機能で読み取る。続いて、術前術後の患部撮影を行い、撮影データを手術室に設置されたBluetoothモジュールを搭載したデスクトップPCに転送。受信した撮影データは、バーコード情報を基に患者ごとに振り分けられて、病院情報システム「iEHR」のデータベースに格納される。昨年12月からICUで実証実験を行っていたが、今回20台を導入してICU、手術室、ERで本格的に運用を始めた。

 「撮影時にバーコードリーダーで患者を識別してデータ格納できるため、撮影データの取り違えといったミスを防げる。加えて、撮影から患者ごとのデータ振り分け・データベース格納の手間がかからず、作業が非常に楽になった」(帝京大学本部情報システム部部長 澤智博氏)という。

  Caplio 500SEは、静止画意外にもAVI形式(Open DML Motion JPEGフォーマット準拠)の動画撮影にも対応している。帝京大学病院は、今後手術中の短時間の映像撮影に利用することも考慮している。(増田克善=委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:159
  4. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:52
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:127
  6. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:37
  7. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:138
  8. 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログ… Cadetto Special●新専門医制度、各科の動向 FBシェア数:24
  9. 慢性的な膝の痛みに効く漢方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:19
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:169
医師と医学研究者におすすめの英文校正