帝京大学医学部附属病院、Bluetooth対応カメラで手術画像と患者を自動ひも付け

 帝京大学医学部附属病院は、Bluetooth対応デジタルカメラを導入し、3月末に本格運用を開始した。従来、手術室やICU、ERなどで使用していたデジタルカメラをリプレースした。撮影画像と患者情報とのひも付けを自動化し、写真データを患者ごとに振り分けて容易に病院情報システムに格納できる。

 導入したデジタルカメラは、Bluetooth、無線LANに対応しているリコーのCaplio 500SE model Wに、オプションの一次元バーコードリーダーSE-4を接続したもの。耐衝撃性に優れた防水・防塵の本体を持ち、血液や薬液を被るリスクの高い手術室などに適している。

 使用方法は、ます患者のリストバンドのバーコードを「カメラメモ」機能で読み取る。続いて、術前術後の患部撮影を行い、撮影データを手術室に設置されたBluetoothモジュールを搭載したデスクトップPCに転送。受信した撮影データは、バーコード情報を基に患者ごとに振り分けられて、病院情報システム「iEHR」のデータベースに格納される。昨年12月からICUで実証実験を行っていたが、今回20台を導入してICU、手術室、ERで本格的に運用を始めた。

 「撮影時にバーコードリーダーで患者を識別してデータ格納できるため、撮影データの取り違えといったミスを防げる。加えて、撮影から患者ごとのデータ振り分け・データベース格納の手間がかからず、作業が非常に楽になった」(帝京大学本部情報システム部部長 澤智博氏)という。

  Caplio 500SEは、静止画意外にもAVI形式(Open DML Motion JPEGフォーマット準拠)の動画撮影にも対応している。帝京大学病院は、今後手術中の短時間の映像撮影に利用することも考慮している。(増田克善=委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
  4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
  5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
  6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
  7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
  8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
  9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96