健康・医療機器の共通データ伝送規格「コンティニュア」利用始まる(第1報)

 インテルなどが中心になって規格作りが進められてきた、健康・医療機器の共通データ伝送規格である「コンティニュア」を利用した保健医療サービスがいよいよ動き出す。NPO法人のコンティニュア・ヘルス・アライアンス 日本地域委員会が2月17日、実用化についての「キックオフ」報道発表会で明らかにした。

 対応製品としては、家庭用の体重計や血圧計などの開発が進められている。高齢者や在宅療養患者の健康情報をパソコンや携帯電話を介して医療機関などに送り、健康管理や早期発見を可能にする。対応機器間では、「ブルートゥース」と呼ばれる無線通信でデータを伝送するので、ケーブル接続は不要。対応製品ならメーカーや機種の別なく接続できる。

 発表会では、実際の保健医療への応用として、帝京大学准教授の澤智博氏が、病棟におけるバイタルデータ入力への応用の可能性を提示したほか、セントケア・ホールディングなどが開発した訪問看護アセスメント支援システム「看護のアイちゃん」やエム・オー・エム・テクノロジーの総合健診システム「LANPEX evolution」など、コンティニュア規格に対応した製品が紹介された。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:41
  2. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:4
  3. 90歳代女性。食欲低下、息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:56
  5. CKDガイドラインと整合性のあるJSH2019に 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:52
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:104
  7. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:100
  8. 医院の開設工事に着手、地中から出てきたのは… 開業の落とし穴 FBシェア数:40
  9. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  10. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:43
医師と医学研究者におすすめの英文校正