京都ユビキタス特区で医療機関の「デジタル領収書」サービスを提供へ

 京都のユビキタス特区で、医療機関の「デジタル領収書」サービスの提供が2010年2月中をメドにスタートする。

 特定非営利活動法人の日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)を代表とし、独立行政法人国立病院機構京都医療センター(京都医療センター)、フェイス、インテージ、ウィルコムによる共同提案が、総務省の「ICT経済・地域活性化基盤確立事業(「ユビキタス特区」事業)」として2009年11月に採択されていた。プロジェクト名称は「医療機関のデジタル領収書プラットフォーム構築とヘルスケア家計簿との連携による地域住民への付加価値サービスの実現」である。

 これを受けて5法人はユビキタス特区に指定されている京都府と連携して、京都医療センター(京都市伏見区)を中心に京都市南部地域において、このプロジェクトの実証サービスを開始する。

 このプロジェクトにより、年々増加傾向にある医療費情報などを個人が正確かつ容易に把握・管理することが可能となるという。(1) 地域住民が医療機関(病院・クリニック・調剤薬局)から領収書情報をデジタルデータとして入手、(2) 他の医療費控除の対象となるヘルスケア支出(OTC医薬品や衛生材など)の情報とあわせて蓄積・管理、(3) これらの情報を活用して自身(および家族)の家計管理・健康管理レベルを向上させるとともに、携帯電話やパソコンを通じて医療費控除明細の作成の簡便化を実現するシステム・サービスを5法人が協力して構築・提供する。

 このプロジェクトではSCCJがフェイスやウィルコムと共同開発し運営する個人向け健康情報管理サービス「ポケットカルテ」(ホームページ)が医療機関のデジタル領収書を蓄積・管理するプラットフォームになる。これにインテージが開発した協力ドラッグストアなどの小売店のレシートデータを蓄積できる「ヘルスケア家計簿」を連携させ、個人のヘルスケア支出管理と医療費控除明細の作成支援を行うサービスを提供する。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1