京都ユビキタス特区で医療機関の「デジタル領収書」サービスを提供へ

 京都のユビキタス特区で、医療機関の「デジタル領収書」サービスの提供が2010年2月中をメドにスタートする。

 特定非営利活動法人の日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)を代表とし、独立行政法人国立病院機構京都医療センター(京都医療センター)、フェイス、インテージ、ウィルコムによる共同提案が、総務省の「ICT経済・地域活性化基盤確立事業(「ユビキタス特区」事業)」として2009年11月に採択されていた。プロジェクト名称は「医療機関のデジタル領収書プラットフォーム構築とヘルスケア家計簿との連携による地域住民への付加価値サービスの実現」である。

 これを受けて5法人はユビキタス特区に指定されている京都府と連携して、京都医療センター(京都市伏見区)を中心に京都市南部地域において、このプロジェクトの実証サービスを開始する。

 このプロジェクトにより、年々増加傾向にある医療費情報などを個人が正確かつ容易に把握・管理することが可能となるという。(1) 地域住民が医療機関(病院・クリニック・調剤薬局)から領収書情報をデジタルデータとして入手、(2) 他の医療費控除の対象となるヘルスケア支出(OTC医薬品や衛生材など)の情報とあわせて蓄積・管理、(3) これらの情報を活用して自身(および家族)の家計管理・健康管理レベルを向上させるとともに、携帯電話やパソコンを通じて医療費控除明細の作成の簡便化を実現するシステム・サービスを5法人が協力して構築・提供する。

 このプロジェクトではSCCJがフェイスやウィルコムと共同開発し運営する個人向け健康情報管理サービス「ポケットカルテ」(ホームページ)が医療機関のデジタル領収書を蓄積・管理するプラットフォームになる。これにインテージが開発した協力ドラッグストアなどの小売店のレシートデータを蓄積できる「ヘルスケア家計簿」を連携させ、個人のヘルスケア支出管理と医療費控除明細の作成支援を行うサービスを提供する。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5