MS、「医療機関向けITガバナンス・ガイドライン」を公開

業界フレームワークの対応レベルがチェックできるサイトも設置

 マイクロソフトは、広島国際会議場で開催された医療情報学会の会期中の2009年11月22日、医療機関におけるITガバナンスの手引き「医療機関向けITガバナンス・ガイドライン」を公開した。

 このガイドラインは、マイクロソフトが「日本の病院のITの現場をよりよく知るとともに、医療現場での ITのよりよい活用法を見つけるため」(同社)に、2007年夏から同社を中心に、日本でも医療のIT化に積極的な病院IT部門の現場責任者で構成される集まり「CHART(Connected Health A Round Table:座長・国立成育医療センター医療情報室長・山野辺裕二氏)」が、これまで12回の会合を重ね、毎回、参画する各医療施設でのさまざまなITに関する取り組みが報告され、医療ITの「いわゆるベストプラクティス集」として集積した形の成果物として作成されたもの。

 ガイドラインの策定にあたっては、CHARTの一部メンバー、三菱総合研究所、マイクロソフトの三者を中心に、一般企業向けの「COBIT(Control Objectives for Information and related Technology)」(※注1)と医療現場での現実を比較しながら作業を進めたとする。内容は、「一流病院のIT実践の底流にあるものを集めたもの、エッセンスが詰まったもの」(同社)で、病院でのIT運用の改善や課題解決に役立てられるものとしている。

 ガイドラインの章立ては、「第1章:計画と組織」「第2章:調達と導入」「第3章:サービス提供とサポート」「第4章:モニタリングと評価」となっている。構成は、医療機関における ITに関する業務を、COBITと同様に「計画と組織」「調達と導入」「サービス提供とサポート」「モニタリングと評価」の4領域に分けている。各領域は複数の業務で構成され、全体で20業務に分けてあるのが特徴だ。

 具体的には、「計画と組織」では、ITガバナンスを確立するため、組織全体のITの方向性とそれを実現するための組織、手続きを対象としている。それは、「IT戦略計画の策定」「IT組織の確立」「IT投資の管理」「ITポリシーの周知」「IT要員の確保」「ITリスクの評価」「プロジェクト管理」の7業務で構成している。

 「調達と導入」は、「システム対応策の明確化」「アプリケーション、技術インフラストラクチャの導入・保守の管理」「IT資源の調達」「新規導入および稼働環境の変更」の4業務から成る。

 「サービス提供とサポート」は、IT導入後の運用業務を対象とし、「サービスレベル、性能・キャパシティの管理」「IT継続計画」「ITセキュリティ管理」「教育・研修」「ヘルプデスクとインシデント管理・問題管理」「データ及び運用設備管理(構成管理、データ管理、物理的環境管理、オペレーション管理)」においてガイドラインを示している。

 「モニタリングと評価」は、「IT成果のモニタリング」「内部統制のモニタリング、コンプライアンスの保証」「ITガバナンスの確立」3業務を定めている。

 個別病院のケーススタディでは、「倉敷中央病院のIT戦略計画」「聖路加国際病院におけるIT組織」「済生会熊本病院におけるIT投資計画の意義」「国立成育医療センターにおけるITポリシーの周知」などで、具体例を示している。

 この度のガイドライン策定・公表に伴って、マイクロソフトのWebサイトにて「医療機関向けITガバナンス進捗度チェックリスト」を公開し、自院の情報システムがCOBITの対応レベルがチェックできるサービスを開始した。利用するには、同社の専用ページ(http://www.microsoft.com/japan/business/industry/healthcare/it_governance.mspx)にアクセスすれば、すぐに実施できる。

 医療機関向けITガバナンス・ガイドラインに関する問い合わせは、マイクロソフト・パブリックセクター(E-Mail:kkhcvl@microsoft.com )まで。(井関 清経)

(※注1)
COBIT(Control Objectives for Information and related Technology)
米国の ITガバナンス協会が IT利用において成熟した様々な業界のベストプラクティスを収集・整理したもの(マイクロソフト資料から)

■CHARTの医療機関のメンバー
山野辺裕二氏(座長:国立成育医療センター 医療情報室長)
今田光一氏(黒部市民病院 関節スポーツ外科部長)
岡田謙二郎氏(武蔵野赤十字病院 事務部企画課情報処理係)
岡本泰岳氏(トヨタ記念病院 診療情報支援グループ長)
嶋田元氏(聖路加国際病院 医療情報センター 副センター長)
白鳥義宗氏(岐阜大学医学部附属病院 病院長補佐)
瀬戸僚馬氏(東京医療保健大学 医療情報学科 助教)
藤川敏行氏(倉敷中央病院 情報システム課長)
松下龍之介氏(済生会熊本病院 医療情報システム室長)
松村泰志氏(大阪大学医学部附属病院 医療情報部 准教授)
吉田茂氏(名古屋大学医学部附属病院 メディカル ITセンター長)

【参考サイト】
マイクロソフトの「医療機関向けITガバナンス・ガイドライン」について

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0