【ICT政策タスクフォース第1回会合】原口大臣、「出来るものは即実行」

会合冒頭に挨拶を行う原口大臣

会合冒頭に挨拶を行う原口大臣

 総務大臣の原口一博氏が発足させた「グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース」は、2009年10月30日に第1回会合を開催した。このタスクフォースは、「すべての人間にコミュニケーションの権利を保障する社会」の実現に向けて、今後のICT政策のあり方を検討することが目的としている。

 このタスクフォースでは、四つの部会(「過去の競争政策のレビュー部会」と「電気通信市場の環境変化への対応検討部会」、「国際競争力強化検討部会」、「地球的課題検討部会」)が具体的な検討を進める。過去の競争政策のレビュー部会は、電気通信市場の自由化および日本電信電話公社の民営化以降の競争政策の効果を検証する。電気通信市場の環境変化への対応検討部会は、日本の電気通信事業者が国際市場で活躍できるようにするため、世界に通用するルールのあり方について議論する。

 国際競争力強化検討部会はICT産業全般の国際競争力強化に向けた検討を行う。地球的課題検討部会は、行政や教育、医療など国民生活のあらゆる分野においてICTの利活用の促進に向けての議論を推進する。各部会は検討状況を、総務大臣や総務副大臣(情報通信担当)、総務大臣政務官、各部会の座長・座長代理で構成する「政策決定プラットフォーム」に報告する。政策決定プラットフォームは各部会に対して、必要に応じて指示を行う(文末の図)。

 原口大臣は、「タスクフォースが終わってから何かを変えるのではなく,その時々において出来るものは即実行する」として、タスクフォースの検討結果を柔軟に政策として実行する意向を示した(写真)。一方、総務副大臣の内藤正光氏は、「今までの枠にとらわれず、ダイナミックな観点でこれからのICTについて議論をお願いしたい。今後の部会の議論では、私と長谷川(憲正)総務大臣政務官も皆さんの仲間に入れてもらえればと思っている。よろしくお願いしたい」と述べた。(ITPro

「グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース」の体制

「グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース」の体制

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:98
  2. 一過性神経症状も適応 失神は撮像の必要なし 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:35
  3. 毛細血管まで鮮明、「8K腹腔鏡」手術の実力 リポート【動画付き】◎高精細な映像は手術をどう変える? FBシェア数:58
  4. 話題の総合診療専門医、初年度184人ってどう? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-6》 FBシェア数:17
  5. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:39
  6. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:25
  7. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  8. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:41
  9. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:70
  10. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正