数理技研、1人暮らしの高齢者向け安否確認システム

 ソフトベンダーの数理技研は2009年10月27日、医療機関や行政機関が、1人暮らしの高齢者の安否や健康状態を電話機で確認できるようにするためのシステム製品「おたずねフォン」を発表した。システムが安否確認の対象者の自宅の固定電話や携帯電話に自動で定期的に連絡し、対象者が自身の健康状態を電話のプッシュホンで入力する。千葉大学医学部の堂垂伸治臨床教授と共同で開発した。

 おたずねフォンは、既存の電話機や携帯電話を利用することで、安否確認の対象者への料金負担はない。安否確認用の音声メッセージは、「かかりつけ医などの音声を使用するため、安心感を与えることができる」(数理技研)。従来のセンサー型や緊急通報型のシステムは「安否確認の対象者に費用の負担を求めるものが多く、使用できる回線が限定されてしまうものもある。加えて、利用者が『監視されている』と強く感じてしまうといった問題もある」(同)。

 価格は1セット47万5000円。ISDNの電話回線と操作用パソコンがあれば利用できる。安否確認の対象者数に制限はないが、操作用パソコンが快適に動作するのは、確認対象が300人以内の場合だとしている。数理技研は医療機関や行政機関に対し、今後1年で100セットの販売を目指す。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55