数理技研、1人暮らしの高齢者向け安否確認システム

 ソフトベンダーの数理技研は2009年10月27日、医療機関や行政機関が、1人暮らしの高齢者の安否や健康状態を電話機で確認できるようにするためのシステム製品「おたずねフォン」を発表した。システムが安否確認の対象者の自宅の固定電話や携帯電話に自動で定期的に連絡し、対象者が自身の健康状態を電話のプッシュホンで入力する。千葉大学医学部の堂垂伸治臨床教授と共同で開発した。

 おたずねフォンは、既存の電話機や携帯電話を利用することで、安否確認の対象者への料金負担はない。安否確認用の音声メッセージは、「かかりつけ医などの音声を使用するため、安心感を与えることができる」(数理技研)。従来のセンサー型や緊急通報型のシステムは「安否確認の対象者に費用の負担を求めるものが多く、使用できる回線が限定されてしまうものもある。加えて、利用者が『監視されている』と強く感じてしまうといった問題もある」(同)。

 価格は1セット47万5000円。ISDNの電話回線と操作用パソコンがあれば利用できる。安否確認の対象者数に制限はないが、操作用パソコンが快適に動作するのは、確認対象が300人以内の場合だとしている。数理技研は医療機関や行政機関に対し、今後1年で100セットの販売を目指す。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正