数理技研、1人暮らしの高齢者向け安否確認システム

 ソフトベンダーの数理技研は2009年10月27日、医療機関や行政機関が、1人暮らしの高齢者の安否や健康状態を電話機で確認できるようにするためのシステム製品「おたずねフォン」を発表した。システムが安否確認の対象者の自宅の固定電話や携帯電話に自動で定期的に連絡し、対象者が自身の健康状態を電話のプッシュホンで入力する。千葉大学医学部の堂垂伸治臨床教授と共同で開発した。

 おたずねフォンは、既存の電話機や携帯電話を利用することで、安否確認の対象者への料金負担はない。安否確認用の音声メッセージは、「かかりつけ医などの音声を使用するため、安心感を与えることができる」(数理技研)。従来のセンサー型や緊急通報型のシステムは「安否確認の対象者に費用の負担を求めるものが多く、使用できる回線が限定されてしまうものもある。加えて、利用者が『監視されている』と強く感じてしまうといった問題もある」(同)。

 価格は1セット47万5000円。ISDNの電話回線と操作用パソコンがあれば利用できる。安否確認の対象者数に制限はないが、操作用パソコンが快適に動作するのは、確認対象が300人以内の場合だとしている。数理技研は医療機関や行政機関に対し、今後1年で100セットの販売を目指す。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47