数理技研、1人暮らしの高齢者向け安否確認システム

 ソフトベンダーの数理技研は2009年10月27日、医療機関や行政機関が、1人暮らしの高齢者の安否や健康状態を電話機で確認できるようにするためのシステム製品「おたずねフォン」を発表した。システムが安否確認の対象者の自宅の固定電話や携帯電話に自動で定期的に連絡し、対象者が自身の健康状態を電話のプッシュホンで入力する。千葉大学医学部の堂垂伸治臨床教授と共同で開発した。

 おたずねフォンは、既存の電話機や携帯電話を利用することで、安否確認の対象者への料金負担はない。安否確認用の音声メッセージは、「かかりつけ医などの音声を使用するため、安心感を与えることができる」(数理技研)。従来のセンサー型や緊急通報型のシステムは「安否確認の対象者に費用の負担を求めるものが多く、使用できる回線が限定されてしまうものもある。加えて、利用者が『監視されている』と強く感じてしまうといった問題もある」(同)。

 価格は1セット47万5000円。ISDNの電話回線と操作用パソコンがあれば利用できる。安否確認の対象者数に制限はないが、操作用パソコンが快適に動作するのは、確認対象が300人以内の場合だとしている。数理技研は医療機関や行政機関に対し、今後1年で100セットの販売を目指す。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132