ソフトバンクテレコム、遠隔医療などでのiPhoneの業務事例公開

 ソフトバンクテレコムは2009年10月14日、医療・教育分野におけるiPhone利用事例を公開した。遠隔での画像診断や在宅医療などでの活用が始まっているという。ソフトバンクテレコムの宮内謙代表取締役副社長兼COO(最高執行責任者)は「単なるインターネット端末としてではなく、仕事に直結する使い方をする企業や団体が増えている」と分析する。

医療画像をiPhoneで閲覧する

医療画像をiPhoneで閲覧する

 医療分野では、放射線を使った医療画像の診断にiPhoneを使う共同研究を実施していることを明かした。鹿児島県霧島市にある霧島市立医師会医療センターなど4医療機関が、IT企業ジェイマックシステムを共同で実施している。院内に専門の診断医がいなくても、iPhoneに画像を送って遠隔で診断可能にした(写真)。

 在宅利用でも使われている。都内で桜新町アーバンクリニックなどを運営する医療法人社団プラタナスは、病気などで通院が困難な患者の在宅医療を担当する医師にiPhoneを持たせ、情報共有に取り組んでいる。「ノートPCよりもスピーディに情報を共有できる」と桜新町アーバンクリニックの遠矢純一郎氏は話す。

 ファイル共有サービス「Dropbox」や「Googleカレンダー」を使って患者情報やスケジュールを共有するほか、画像や映像を使った処置支援にも取り組んでいる。「患者に気管カニューレと呼ばれるチューブを挿入する際に、患者によっては斜めに入れたほうがいいなど、注意すべき点がある。それを動画や画像で共有する」(遠矢氏)。

 青山学院大学や日本電子専門学校は、教育分野でiPhoneを使う。青山学院大学は講義に必要な資料を、学生が持つiPhone向けに配信している。同大学は2009年5月に、iPhoneを教員と学生550人に配布済みである。資料データの配信システムには、インフォテリアのiPhone向けデータ配信サービス「Handbook」を採用した。

 日本電子専門学校は2010年4月に「ケータイ・アプリケーション科」を新設し、教育内容の一つとしてiPhone向けアプリケーション開発を取り上げるほか、授業の資料配付や資格検定の教育などにも利用するという。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127