DNPなど、クラウドを利用した低コストのデータ保管サービス

 大日本印刷(DNP)、デジタル・メディア総合研究所、SCMマイクロシステムズ・ジャパンの3社は2009年9月14日、クラウドコンピューティングを利用して患者の医用画像データなどデジタルデータを安全に保管するサービスを開始すると発表した。正式サービスは12月からの予定。これに先だってトライアル利用の申し込みを受け付けている。

 DNPが開発した分散保存型データストレージシステム「TranC'ertDNA(トランザートディエヌエー)」を利用する。デジタルデータを複数のファイルに分割し、それぞれを暗号化して異なる複数のサーバーに分散保管するため、情報漏えいリスクを低減できるという。また、それぞれのファイルを保存するサーバーはミラーリングするため、1台のサーバーでトラブルが発生しても、データの復元が可能。

 従来のTranC'ertDNAサービスは、データ保管用の複数のサーバーをユーザー企業が設置・運用しなければならなかったが、新サービスでは、デジタル・メディア総研が導入コンサルティングを担当。設置と運用の負荷を軽減し、低コストで導入可能にする。

 また、SCMマイクロシステムズが開発したUSB型リーダーライター「@MAXX lite(アットマックスライト)」を採用して操作性を向上させた。@MAXX liteには、あらかじめTranC'ertDNAソフトが搭載されており、パソコンのUSBポートに接続して該当ファイルを選択するだけで、データを暗号化して分散保管できる。

 初期費用は10万円から。利用料は月額2万円から(ともに税別)。DNPはTranC'ertDNAシステム、SCMマイクロシステムズは@MAXX liteを提供し、デジタル・メディア総研が代理店経由でサービスを販売してゆく。医療機関などをターゲットに、2013年までに5億円の売上を目指す。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27