ウィルコムと富士通BSC、PHS利用した「患者呼び出しシステム」発売

 ウィルコムと富士通ビー・エス・シー(東京都港区)は、2009年9月14日、ウィルコムのPHSを利用した医療機関向けの「外来患者呼び出しシステム」を共同開発し、同日から販売を開始した。

 同システムは、外来受付で患者にPHS端末を渡し、診察順が来た時点で端末を通じて患者を呼び出す仕組み。患者は病院内外で診察時間まで自由に時間を費やせるため、外来受付の混雑を緩和し、患者の満足度向上を図れる。

 システムは、ノートパソコンと外付けバーコードリーダーで運用するため、従来の専用機器設置タイプと比べて、比較的少ない投資で導入が可能という。また、バーコードリーダーでPHDS端末と患者バーコードを順に読ませるだけで運用がすむため、オペレーションが比較的容易なのも特徴という。

 価格は、初期費用が580万円(税別、以下同じ:受付4カ所、サーバ・クライアントPC費用含む一例)で、月額通信料が1台あたり780円(貸し出し台数により変動)、年間保守費用が24万円(平日9:00〜17:00の営業時間例)。

 PHS端末は電磁波が微弱で医療機器や人体への影響が少ないといわれており、医療、福祉施設での通信手段として活用されている例が多い。ウィルコムはすでに4000超の医療・福祉関連施設でPHS通信サービスを提供しており、今後も未導入の施設に向け、同システムの提供を進める意向だ。(井関 清経)

参考:システム概念図

参考:システム概念図



【関連サイト】
ウィルコムのプレスリリース
富士通ビー・エス・シーのプレスリリース

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5