ウィルコムと富士通BSC、PHS利用した「患者呼び出しシステム」発売

 ウィルコムと富士通ビー・エス・シー(東京都港区)は、2009年9月14日、ウィルコムのPHSを利用した医療機関向けの「外来患者呼び出しシステム」を共同開発し、同日から販売を開始した。

 同システムは、外来受付で患者にPHS端末を渡し、診察順が来た時点で端末を通じて患者を呼び出す仕組み。患者は病院内外で診察時間まで自由に時間を費やせるため、外来受付の混雑を緩和し、患者の満足度向上を図れる。

 システムは、ノートパソコンと外付けバーコードリーダーで運用するため、従来の専用機器設置タイプと比べて、比較的少ない投資で導入が可能という。また、バーコードリーダーでPHDS端末と患者バーコードを順に読ませるだけで運用がすむため、オペレーションが比較的容易なのも特徴という。

 価格は、初期費用が580万円(税別、以下同じ:受付4カ所、サーバ・クライアントPC費用含む一例)で、月額通信料が1台あたり780円(貸し出し台数により変動)、年間保守費用が24万円(平日9:00〜17:00の営業時間例)。

 PHS端末は電磁波が微弱で医療機器や人体への影響が少ないといわれており、医療、福祉施設での通信手段として活用されている例が多い。ウィルコムはすでに4000超の医療・福祉関連施設でPHS通信サービスを提供しており、今後も未導入の施設に向け、同システムの提供を進める意向だ。(井関 清経)

参考:システム概念図

参考:システム概念図



【関連サイト】
ウィルコムのプレスリリース
富士通ビー・エス・シーのプレスリリース

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:387
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:248
  4. 胃亜全摘術後に胃潰瘍と判明、執刀医が有責 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:4
  5. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:708
  6. ナース時代のすりこみ 病院珍百景 FBシェア数:2
  7. カロナール細粒が10月中旬にも品薄状態に 原薬供給停止の影響で FBシェア数:497
  8. 患者の本音を引き出す質問術 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:12
  9. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  10. カウンターロックを故障と勘違い プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:2