ウィルコムと富士通BSC、PHS利用した「患者呼び出しシステム」発売

 ウィルコムと富士通ビー・エス・シー(東京都港区)は、2009年9月14日、ウィルコムのPHSを利用した医療機関向けの「外来患者呼び出しシステム」を共同開発し、同日から販売を開始した。

 同システムは、外来受付で患者にPHS端末を渡し、診察順が来た時点で端末を通じて患者を呼び出す仕組み。患者は病院内外で診察時間まで自由に時間を費やせるため、外来受付の混雑を緩和し、患者の満足度向上を図れる。

 システムは、ノートパソコンと外付けバーコードリーダーで運用するため、従来の専用機器設置タイプと比べて、比較的少ない投資で導入が可能という。また、バーコードリーダーでPHDS端末と患者バーコードを順に読ませるだけで運用がすむため、オペレーションが比較的容易なのも特徴という。

 価格は、初期費用が580万円(税別、以下同じ:受付4カ所、サーバ・クライアントPC費用含む一例)で、月額通信料が1台あたり780円(貸し出し台数により変動)、年間保守費用が24万円(平日9:00〜17:00の営業時間例)。

 PHS端末は電磁波が微弱で医療機器や人体への影響が少ないといわれており、医療、福祉施設での通信手段として活用されている例が多い。ウィルコムはすでに4000超の医療・福祉関連施設でPHS通信サービスを提供しており、今後も未導入の施設に向け、同システムの提供を進める意向だ。(井関 清経)

参考:システム概念図

参考:システム概念図



【関連サイト】
ウィルコムのプレスリリース
富士通ビー・エス・シーのプレスリリース

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84