インテル、遠隔操作でPC電源を落とせるvProの導入実績を発表

 インテルは2009年9月1日、企業向けパソコンの総合管理技術「vProテクノロジー」について、国内での導入実績を説明した。同時に、vPro導入による電力削減効果や、情報漏えいを防ぐ技術について解説した。

vProのロゴ

vProのロゴ

 vProはインテルが2006年に発表した、企業向けパソコンのプラットフォームである。最新のデュアルコアCPU「Core 2 Duo」や同社製チップセット、LANチップに加え、管理機能やセキュリティ機能を備えている。発表以降、対応パソコンや管理ソフトウエアなどの充実により、一般企業をはじめ、医療やエンターテインメント分野などでの導入実績を伸ばしているという。現時点では「国内で34機種のvPro搭載パソコンがあり、vPro対応の管理ソフトウエアは30製品を超えた」(インテル)とのこと。

 インテルによると、vPro対応パソコンを導入することは企業にとって、導入から維持、管理までにかかるコスト(TCO=Total Cost of Ownership)の削減につながるという。最も大きいのは電力の削減効果だ。インテルの調査では、3〜4年前に多くの企業が導入したPentium系 CPUのデスクトップと比べて、vPro搭載のデスクトップは1年間の消費電力量を最大で80%近く削減できるという。vPro対応パソコンが搭載する Core 2 Duo系のCPUが低消費電力版であることと、電源が入ったままのパソコンを遠隔操作でシャットダウンできるという、vProの管理機能による効果が高い。

 盗難時の情報漏えいを防ぐため、vProにはAnti-Theft Technology(AT)という技術がある。パソコンの紛失や盗難時に、遠隔操作によってパソコン内のデータを消去したりパソコンをロックしたりする。データの消去やパソコンのロックを実行するきっかけは、定期的なパスワード認証に失敗した時点や、パソコンがネットワークに接続した時点で実行する。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48