インテル、遠隔操作でPC電源を落とせるvProの導入実績を発表

 インテルは2009年9月1日、企業向けパソコンの総合管理技術「vProテクノロジー」について、国内での導入実績を説明した。同時に、vPro導入による電力削減効果や、情報漏えいを防ぐ技術について解説した。

vProのロゴ

vProのロゴ

 vProはインテルが2006年に発表した、企業向けパソコンのプラットフォームである。最新のデュアルコアCPU「Core 2 Duo」や同社製チップセット、LANチップに加え、管理機能やセキュリティ機能を備えている。発表以降、対応パソコンや管理ソフトウエアなどの充実により、一般企業をはじめ、医療やエンターテインメント分野などでの導入実績を伸ばしているという。現時点では「国内で34機種のvPro搭載パソコンがあり、vPro対応の管理ソフトウエアは30製品を超えた」(インテル)とのこと。

 インテルによると、vPro対応パソコンを導入することは企業にとって、導入から維持、管理までにかかるコスト(TCO=Total Cost of Ownership)の削減につながるという。最も大きいのは電力の削減効果だ。インテルの調査では、3〜4年前に多くの企業が導入したPentium系 CPUのデスクトップと比べて、vPro搭載のデスクトップは1年間の消費電力量を最大で80%近く削減できるという。vPro対応パソコンが搭載する Core 2 Duo系のCPUが低消費電力版であることと、電源が入ったままのパソコンを遠隔操作でシャットダウンできるという、vProの管理機能による効果が高い。

 盗難時の情報漏えいを防ぐため、vProにはAnti-Theft Technology(AT)という技術がある。パソコンの紛失や盗難時に、遠隔操作によってパソコン内のデータを消去したりパソコンをロックしたりする。データの消去やパソコンのロックを実行するきっかけは、定期的なパスワード認証に失敗した時点や、パソコンがネットワークに接続した時点で実行する。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55