帝京大附属病院、FOMA端末「onefone」活用したNECのUCSを採用

 帝京大学医学部附属病院(東京都板橋区)はこのたび、NTTドコモのFOMA端末「onefone」(NEC製:注1)を活用したNECのユニファイド・コミュニケーションシステム(UCS:注2)を導入した。開発元のNECが9月1日に発表した。

 同システムは、2009年5月に開院した国内最大級の病床数(1154床)を有する地上19階・地下2階の新病棟全館に敷設された無線LANネットワークを中核に、各ベッドに設置されたナースコールや医療スタッフが保有する携帯端末「onefone」を連携させたもの。

 システムの概要は、NECのSIP対応テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」、無線LANコントローラー「UNIVERGE WL5100」、アクセスポイント「UNIVERGE WL1500-AP」を中核に構成されたインテリジェント無線LANネットワークシステムに、医療スタッフ向けFOMA/無線LANデュアル端末のonefone約800台、院内専用無線IP電話機「MH250」265台を連携させて構成する(文末のシステム構成図参照)。「1000台以上の無線IP端末が導入された医療向け大規模ユニファイド・コミュニケーションシステムとしては、国内初の導入事例」(NEC)という。

ナースコール着信イメージ

ナースコール着信イメージ

 新システムの稼働により、「患者からのナースコールに対して、onefoneを通じて即座に呼び出し場所や要件が医療スタッフに伝達され、患者への迅速な対応」や、「onefoneのインスタントメッセージを活用してスタッフ間で円滑に情報伝達を行うことで、患者へのより手厚い看護を行う」ことが可能になるという。

 現在、新システムではonefoneと患者の検診装置の連携を試行中で、検診結果に異常値が検出された際、医療スタッフが所持するonefoneにアラート情報を通知するなど、将来的には、患者の緊急事態への対応が可能なシステムに機能拡張を計画している。

 同院では新システムの導入により、患者と医療スタッフ間、および医療スタッフ同士の円滑な情報共有を推進することで、医療現場におけるロスタイムを解消して、患者への迅速で高品質な看護の実現を目指す。(井関 清経)

※注1)onefone
無線LANとFOMAのワイヤレス技術を活用し、1台で内線電話・携帯電話の2役のモバイル電話機能を提供する携帯端末。今回のシステムは、院内では内線専用で利用する

※注2)ユニファイド・コミュニケーションシステム(UCS)
電話、メール、インスタント・メッセンジャー、ビデオ会議、Web会議といった複数のコミュニケーション手段をインターネット・プロトコル(IP)によって融合させたシステム(参考:ITPro

帝京大学医学部附属病院のシステム概要図

帝京大学医学部附属病院のシステム概要図


【関連記事】
NECがユニファイド新製品、WebサービスI/FでIP電話と連携できるITPro

【関連サイト】
帝京大学医学部附属病院のWebサイト
NECのプレスリリース

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180