富士ゼロックスが診療記録統合管理ソリューションを開始

 富士ゼロックスが今年8月から、医療分野向けのドキュメント管理ソリューションの販売を本格的に開始する。名称は「診療記録統合管理ソリューション」。これまで個別に対応してきたシステム構築ノウハウをまとめてメニュー化したものだ。これにより同社は、医療業界の顧客開拓を目指す。

 診療記録統合管理ソリューションを使ってシステムを構築すれば、電子カルテに加え、手書きの手術報告書や患者から受け取った同意書、心電図やエコーなどを画像データとして一元管理できる。データを保存する際に、ドキュメントの種類や患者名、担当医名などの情報を示したXML文書を自動生成する機能もあるという。これにより、「データの検索性が他社製品よりも高い」と、富士ゼロックスの畑仲俊彦医療情報開発推進室長は言う。

 同ソリューションを使ったシステムの第1号ユーザーは決まっている。大阪大学医学部付属病院が来年初めにも、診療記録統合管理ソリューションを適用した新システムを稼働させる予定である。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44