富士ゼロックスが診療記録統合管理ソリューションを開始

 富士ゼロックスが今年8月から、医療分野向けのドキュメント管理ソリューションの販売を本格的に開始する。名称は「診療記録統合管理ソリューション」。これまで個別に対応してきたシステム構築ノウハウをまとめてメニュー化したものだ。これにより同社は、医療業界の顧客開拓を目指す。

 診療記録統合管理ソリューションを使ってシステムを構築すれば、電子カルテに加え、手書きの手術報告書や患者から受け取った同意書、心電図やエコーなどを画像データとして一元管理できる。データを保存する際に、ドキュメントの種類や患者名、担当医名などの情報を示したXML文書を自動生成する機能もあるという。これにより、「データの検索性が他社製品よりも高い」と、富士ゼロックスの畑仲俊彦医療情報開発推進室長は言う。

 同ソリューションを使ったシステムの第1号ユーザーは決まっている。大阪大学医学部付属病院が来年初めにも、診療記録統合管理ソリューションを適用した新システムを稼働させる予定である。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門医制度も働き方改革も、好きにしてくださいな(… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:99
  2. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:85
  3. カンマの打ち方で意味が全く変わりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:20
  4. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:53
  5. 医療事故調の院内調査に弁護士の介入は要らない シリーズ◎どうする医療事故調制度 FBシェア数:33
  6. 心筋梗塞患者のせん妄治療に何を使う? BMJ誌から FBシェア数:160
  7. 血液ガス生理のバイブル 医学書ソムリエ FBシェア数:6
  8. 急性膵炎 動画で学ぶ腹部エコー診療の実際 FBシェア数:8
  9. 腹腔鏡ではなくロボット手術でお願いします 記者の眼 FBシェア数:24
  10. 胸部CTの読影では肺外にも注意する 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:16
医師と医学研究者におすすめの英文校正