モダンホスピタルショウ:ワイズマン、今秋に機能アップ予定の電子カルテシステムERをメインに

 ワイズマンはこのほど、国際モダンホスピタルショウ(7月15日〜17日:東京ビッグサイト)の出展について、その内容を明らかにした。展示製品は、2009年秋にリリース予定の「電子カルテシステムER」「病棟看護支援システムER」「リハビリ管理システム」の、それぞれのバージョンアップ版を先行して出展する。


●自社開発する各部門システムのスムーズな連携をアピール


 「電子カルテシステムER」は、200〜400床規模の病院を顧客ターゲットとして開発された、カルテ入力とオーダリングの機能を持つ診療支援システム。「最大の特長は、導入対象を中規模病院に合わせたことで、必要な機能だけに絞り込んだコンパクトで、かつ使いやすいシステムとしてリリースした点。機能を絞り込んだ結果、コストパフォーマンスも高いパッケージ製品となっている」(同社福祉営業企画部 販売促進企画課の谷崎愛親子氏)という。会場では、この秋にリリースを予定するバージョンアップ版を先行して展示する。


 同社は、「電子カルテシステムER」と同時期にリリース予定の、看護師の事務作業負担軽減、病棟における看護業務の効率化を支援する「病棟看護支援システム」と、リハビリ室における療法士の予定作成や受付管理、リハビリ記録作成、検査評価や実施計画書作成などの間接業務全般を支援する「リハビリ管理システム」のバージョンアップ版も先行して展示・デモする。両システムともに「電子カルテER」とのスムーズな連携も強みであるため、システムで入力された診療情報をデータベース化することで、院内各部門での情報共有が可能となり、また、受付から診療、会計、レセプトまでの業務を効率化できる特徴を強くアピールする方針だ。


「電子カルテシステムER」のカルテ画面

「電子カルテシステムER」のカルテ画面(現行版)


 「電子カルテシステムER」は、福祉・介護関連事業にも注力する同社の特長を生かし、長期入院患者にも対応しやすいカレンダー・オーダー機能や、医療保険、介護保険のどちらの保険も同時に扱える自動オーダーシステムも「医師が混乱せずに使える」ところも大きなポイントという。


 インターフェイスは、患者の診療情報や部門ごとの記録を履歴管理する「ERガイドエリア」、SOAP形式のほかに9つのフリー入力ができる「カルテエリア」、投薬・検査・注射などのオーダー分類が色分けされて表示される「オーダーエリア」の3表示構成。「極力画面を切り替えずに、情報が一覧できる使いやすい画面構成」(同氏)となっている(井関 清経)。


「病棟看護支援システムE」病棟マップ画面

「病棟看護支援システムER」病棟マップ画面(現行版)


【関連サイト】
国際モダンホスピタルショウ2009公式サイト
ワイズマンのWebサイト

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0