福島県立医大附属病院、USBメモリーの情報漏洩対策ソフト導入

 福島県立医科大学附属病院は、USBメモリーの情報漏洩対策ソフトを電子カルテ用端末約1100台に導入した。USBメモリーにコピーしたファイルを自動的に暗号化し、同じソフトをインストール済みの端末でのみ復号する機能を持つ。導入費用は数百万円。市販のUSBメモリーを利用できるため、暗号化機能付きのUSBメモリーに一括で入れ替える場合と比べて費用負担を抑えられるという。

 採用した製品はティエスエスリンクの「Secure Porter for USB」。暗号化モジュールと復号モジュールで構成する。Secure Porter for USBをインストールした端末でUSBメモリーにファイルをコピーすると、自動的に暗号化する。同じソフトをインストール済みの端末で暗号化ファイルを開くと自動的に復号し、関連アプリケーションを起動する。ファイルを終了すると再び自動的に暗号化する。

 暗号化や復号は自動的に行われるため、ITに詳しくない医療関係者でも無理なく利用できる。暗号化、復号の際は利用者が設定したパスワードによる本人認証を行い、USBメモリー盗難・紛失の際の院内での情報流出も防ぐ。

 USBメモリーはデータの携帯性に優れることから医療現場でも利用は少なくない。しかし医療情報システムから取り出した患者情報などを格納したUSBメモリーの盗難・紛失による情報漏洩事件は後を絶たず、同院も情報漏洩リスクに備えてセキュリティ対策を検討していたという。

 同院は2009年5月に電子カルテシステムを刷新、富士通製の電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-GX」を採用した。今回はHOPE/EGMAIN-GX用の端末約1100台にSecure Porter for USBを導入した。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1