09年国内IT市場は3.8%縮小も、医療分野は前年比0.2%増

 IDC Japanは2009年6月16日、2009年の国内IT市場規模が前年比3.8%減の12兆1770億円になるとの予測を発表した。世界的な景気後退で多くの企業は業績が悪化。IT市場も大幅に縮小する見込み。また、2008年から2013年までの年間平均成長率はマイナス0.1%、2013年のIT市場規模を12兆6265億円と予測している。

 2009年は、ほぼすべての産業分野でIT市場はマイナス成長に落ち込む見込み。輸出の減速に苦しむ組立製造(前年比成長率マイナス7.6%)や、プロセス製造(同マイナス4.5%)、金融危機の影響を受けた証券/その他金融(同マイナス7.1%)や、銀行(同マイナス5.3%)などの業種で、とくに縮小幅が大きくなるという。

 その一方で、医療分野で前年比0.2%増、官公庁も同0.5%と幅は小さいながらプラス成長を維持するとみている。医療分野は2012年4月から原則義務化されるレセプトのオンライン化対応と、それに伴う医療情報ネットワークの構築、官公庁は中央官庁の業務/システム最適化プロジェクトなどが進ちょくすることなどが寄与するため。

 ただ、全般的なIT投資の抑制傾向のなかで、金融商品取引法施行に伴う内部統制強化や、会計コンバージェンス対応、製品安全法制、環境法制、労務管理など、より幅広い分野でのコンプライアンス対応が求められていることから、コンプライアンス対応のIT投資は継続するとみている。さらに、流通、サービスなどではeコマース関連のIT投資も堅調に推移すると予想している。

 IDC Japanは、企業がキャッシュフローの確保のためにIT投資を最小限にとどめている中、IT企業には「“即効性のあるコスト削減”をアピールできるソリューションを早急に整備することが求められる」としている。(ITPro

IDC JapanのWebサイト




ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239