ネット上の医療関連情報、米成人の61%が「利用経験あり」

 米Pew Research Centerと医療財団の米California HealthCare Foundationは米国時間2009年6月11日、インターネット上の健康・医療関連情報の利用状況について米国成人を対象に調査した結果を発表した。それによると、回答者の61%がインターネットで医療関連情報を閲覧した経験があることが分かった。

 これらの回答者は、インターネット上で健康または医療問題について、解説や他人のコメントを読んだりポッドキャストを聞いているほか、医師や医療機関のランキングやレビューなどを閲覧している。同調査では、これらのインターネット・ユーザーを“e-patient”と呼んでいる。

 e-patientのうち、約20%は積極的にオンライン・ディスカッションやメーリング・リストにコメントを投稿している。e-patient の60%(回答者の37%)は、コメントや医師・病院の評価を投稿したり、健康・医療関連の写真やビデオ、オーディオ・ファイルを提供した経験があるという。

 この調査レポートの共同著者であるSusannah Fox氏は、「e-patientは、ニーズに合った情報を見つけるため、またコメントの投稿によって貢献するためにインターネットのインタラクティブな機能を利用し始めている」と説明する。同氏によれば、e-patientはインターネットを従来の情報源を補う手段だと考えており、症状に対する理解を深めるほか、専門家により的確な質問をするために、ブログやポッドキャストなどのオンライン情報源を利用しているという。

 このほかe-patientの60%は、「インターネットで見つけた医療アドバイスや情報が自分や知人の役に立った」と回答しており、2006年調査の31%から大幅に増加していることが分かった。一方、「これらの情報に従ったことで、自分または知人が被害を受けた」とするe-patientは 3%にとどまり、2006年と同水準となった。(ITpro

米国の発表資料へ

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43