ネット上の医療関連情報、米成人の61%が「利用経験あり」

 米Pew Research Centerと医療財団の米California HealthCare Foundationは米国時間2009年6月11日、インターネット上の健康・医療関連情報の利用状況について米国成人を対象に調査した結果を発表した。それによると、回答者の61%がインターネットで医療関連情報を閲覧した経験があることが分かった。

 これらの回答者は、インターネット上で健康または医療問題について、解説や他人のコメントを読んだりポッドキャストを聞いているほか、医師や医療機関のランキングやレビューなどを閲覧している。同調査では、これらのインターネット・ユーザーを“e-patient”と呼んでいる。

 e-patientのうち、約20%は積極的にオンライン・ディスカッションやメーリング・リストにコメントを投稿している。e-patient の60%(回答者の37%)は、コメントや医師・病院の評価を投稿したり、健康・医療関連の写真やビデオ、オーディオ・ファイルを提供した経験があるという。

 この調査レポートの共同著者であるSusannah Fox氏は、「e-patientは、ニーズに合った情報を見つけるため、またコメントの投稿によって貢献するためにインターネットのインタラクティブな機能を利用し始めている」と説明する。同氏によれば、e-patientはインターネットを従来の情報源を補う手段だと考えており、症状に対する理解を深めるほか、専門家により的確な質問をするために、ブログやポッドキャストなどのオンライン情報源を利用しているという。

 このほかe-patientの60%は、「インターネットで見つけた医療アドバイスや情報が自分や知人の役に立った」と回答しており、2006年調査の31%から大幅に増加していることが分かった。一方、「これらの情報に従ったことで、自分または知人が被害を受けた」とするe-patientは 3%にとどまり、2006年と同水準となった。(ITpro

米国の発表資料へ

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25