IBM、医療機関向けデータ分析システムを発表

 米IBMはドイツで現地時間2009年6月3日、同社の「インフォメーション・オンデマンド(IOD)」戦略を補強する新たな製品やサービスなどを発表した。これらの製品やサービスは、ビジネス情報の活用支援を目的とするもの。同社は、情報管理機能を拡張するほか、財務実績や人材管理、顧客管理といった分野で業界に特化した分析アプリケーションの開発に取り組む。

 具体的には、新しいアプリケーションとして医療機関向けの「InfoSphere Clinical Analytics for Healthcare Providers」を発表した。このソフトウエアは、複数の情報源から収集した医療関連情報を統合して分析するもの。医療の質や治療の効率の向上を支援する。課金や研究室のシステムのほか、薬局や電子医療記録のシステムなどを活用することで、異なる医療機関や医師などから患者についてより多くの情報を収集できるようになる。

 また、同社のビジネス・インテリジェンス(BI)ソフトウエア「Cognos Series」とパフォーマンス管理ツールの次期版には、米SPSSの統計ソフトウエア「PASW Statistics」の分析機能が追加される。この機能の追加より、ライフサイエンス、金融サービス、行政部門向けに新しい分析機能を提供できるとしている。(ITPro

米IBMの報道発表資料へ

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34