インターシステムズ、Tieto社とスウェーデン国民電子医療記録を構築

 インターシステムズジャパン(東京都新宿区)は2009年6月4日、欧州を中心にIT関連の研究開発とコンサルティングサービスを手掛けるTieto社(本社:フィンランド・ヘルシンキ)と共同でスウェーデン国民電子医療記録システムを構築し、5月から稼働を開始したと発表した。

 このスウェーデンの国家プロジェクトは、電子医療記録(EHR)を促進するために構想が立ち上がり、医療・福祉分野での国家IT戦略プログラムの中の重要なプロジェクトと位置づけられ、段階的にスウェーデン全土にソリューションを展開することで、患者の安全と医療の質の改善を目指すもの。

 スウェーデン当局とプロジェクト推進の契約を結んだTieto社が、この度、インターシステムズの医療情報交換ソフトウェアプラットフォーム「InterSystems HealthShare」を採用して、国民医療記録構築プロジェクトである全国患者サマリー構築の第1ステージを構築・完了させた。

 インターシステムズ「Health Share」は、複数施設での医療データの集約と共有のために設計された包括的な製品。地域や全国規模での患者の医療記録のサマリービューを作成できる。今回のプロジェクトでは、患者記録の国際標準である「EN13606」を採用し、無数の異なるフォーマットの記録を中央標準に変換し、どの既存システムでも全国患者サマリに接続することを可能とした。

 展開されるソリューションの最初のフェーズでは、医師、看護師、専門セラピスト、2カ所の私立養護施設の管理スタッフを含む500ユーザーへ拡張される予定で、このソリューションは、アクセス権をもつ医療スタッフに、重要な患者情報を場所・時間を問わず提供することを可能にするという。より明確な患者情報を提供することで、医療提供者の診断、治療、フォローアップについての意思決定を支援する。(井関 清経)

【関連サイト】
米InterSystems Corporation
インターシステムズジャパン

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:7
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  3. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  4. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:12
  5. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:222
  6. 山形県の麻疹感染で3次感染例を確認、研修医も感染 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:174
  7. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:432
  8. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  9. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:109
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1976