インターシステムズ、Tieto社とスウェーデン国民電子医療記録を構築

 インターシステムズジャパン(東京都新宿区)は2009年6月4日、欧州を中心にIT関連の研究開発とコンサルティングサービスを手掛けるTieto社(本社:フィンランド・ヘルシンキ)と共同でスウェーデン国民電子医療記録システムを構築し、5月から稼働を開始したと発表した。

 このスウェーデンの国家プロジェクトは、電子医療記録(EHR)を促進するために構想が立ち上がり、医療・福祉分野での国家IT戦略プログラムの中の重要なプロジェクトと位置づけられ、段階的にスウェーデン全土にソリューションを展開することで、患者の安全と医療の質の改善を目指すもの。

 スウェーデン当局とプロジェクト推進の契約を結んだTieto社が、この度、インターシステムズの医療情報交換ソフトウェアプラットフォーム「InterSystems HealthShare」を採用して、国民医療記録構築プロジェクトである全国患者サマリー構築の第1ステージを構築・完了させた。

 インターシステムズ「Health Share」は、複数施設での医療データの集約と共有のために設計された包括的な製品。地域や全国規模での患者の医療記録のサマリービューを作成できる。今回のプロジェクトでは、患者記録の国際標準である「EN13606」を採用し、無数の異なるフォーマットの記録を中央標準に変換し、どの既存システムでも全国患者サマリに接続することを可能とした。

 展開されるソリューションの最初のフェーズでは、医師、看護師、専門セラピスト、2カ所の私立養護施設の管理スタッフを含む500ユーザーへ拡張される予定で、このソリューションは、アクセス権をもつ医療スタッフに、重要な患者情報を場所・時間を問わず提供することを可能にするという。より明確な患者情報を提供することで、医療提供者の診断、治療、フォローアップについての意思決定を支援する。(井関 清経)

【関連サイト】
米InterSystems Corporation
インターシステムズジャパン

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176