「USBメモリーを安全に使おう」、自動実行の無効化をIPAが呼びかけ

HISがUSBメモリー経由でのウイルス感染を防ぐ法

 情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターは2009年5月、USBメモリーなどの外部記憶装置を経由して感染を広げるウイルス(USBウイルス)について注意を呼びかけるとともに、同ウイルスが悪用するWindowsの自動実行機能(自動再生機能、オートラン機能)を無効にする方法を解説した。

 USBウイルスによる被害が相次いでいる。IPAの情報によれば、2009年2月に大学病院のシステムがUSBメモリー経由でウイルスに感染し、大規模なシステム障害が発生。3月には、地方自治体で同様のウイルスによる大規模なシステム障害が発生し報じられたとしている。

 しかしながら、ユーザーの対策は進んでいないという。IPAが2009年1月に実施したセキュリティ意識調査(有効回答数は5000)の結果によれば、USBメモリーを利用していると答えたユーザー(2958人)のうち、「USBメモリーのセキュリティ対策を実施している」と回答したのは67%。「勝手にウイルスが起動しないように、USBメモリーの自動実行を無効にしている」といった対策を実施しているユーザーは18.5%だった。

 そこで今回、IPAでは改めて注意を呼びかけるとともに、USBメモリーの自動実行機能を無効にする方法を解説。具体的には、設定画面例を用いて、Windowsのバージョンごとに無効化の手順を詳細に説明している(下段の図参照)。

 ただ、いずれの方法においても「処置を誤ると深刻な問題が発生することがあります」として、無効化を実施する前には「システムの復元」のポイントを作成し、問題が発生した場合には、実施前の状態に戻せるようにしておくことを勧めている。

 併せてIPAでは、「自分が管理していないパソコンや、不特定多数が利用するパソコンには自分のUSBメモリーを接続しない」「自分が管理していないUSBメモリーを自分のパソコンに接続しない」といった利用上の対策も推奨している。(ITPro

IPAのコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[4月分]について

Windows XPのグループポリシー画面例(IPAの情報から引用)

Windows XPのグループポリシー画面例(IPAの情報から引用)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97