富士通、新手のデータ利活用支援ソフト新製品を7月から出荷

 富士通はこのほど、病院用途を想定した新手のデータ利活用支援ソフトを発表した。多種類で大量の非構造化データをファイルのまま蓄積し、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールなどから利用可能にする。一般的なリレーショナルデータベース(RDB)ソフトと異なり、事前に構造を設計せずにデータを蓄積できる。楠本博巳開発企画統括部プロジェクト統括部長は「スキーマやインデックスの設計が必要ないため、種類や検索項目が頻繁に変わるデータの蓄積に向く」と話す。病院や薬局で作成する大量のレセプト(診療報酬明細書)データの保存などの用途を想定する。

 新製品「Interstage Information Storage」を7月末から出荷する。基幹業務データの履歴やマーケティングデータ、操作ログなど様々なデータを蓄積し、検索や分析に用いる。データはCSVもしくはXML形式で保存する。

 制御用サーバー、抽出用サーバー、ストレージの3つを制御する。制御用サーバーはどのファイルがどこに保存されているといったことを管理する。抽出サーバー、ストレージを増設すれば、性能向上が可能だ。

 併せて各種のデータソースからデータを収集するためのソフト「Interstage Information Integrator」も発表した。一般的なETL(抽出・加工・転送)ツールと異なり、「データ形式変換の定義を決めたり、その定義を変更する際の作業が容易だ」(今村浩一データマネジメント・ミドルウェア事業部事業部長)。ETLツールを使用する場合は製品特有のGUIの使い方を覚えなくてはならないが、Interstage Information Integratorはエクセル同様に操作できる「デザインシート」を使って作業ができる。

 Information StorageとInformation Integratorを組み合わせて使えば、アプリケーションを変更することなくRDBから利用することが可能になる。価格はInformation Storageが450万円から、Information Integratorは150万円から。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:211
  2. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:107
  4. ベンゾジアゼピンの処方は市中肺炎のリスク Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:140
  5. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  6. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  7. 外科医は短気だから短期トレードで損を出す? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  8. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:48
  9. 動脈硬化は朝食をとらない人に多い J Am Coll Cardiol誌から FBシェア数:168
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67