富士通、新手のデータ利活用支援ソフト新製品を7月から出荷

 富士通はこのほど、病院用途を想定した新手のデータ利活用支援ソフトを発表した。多種類で大量の非構造化データをファイルのまま蓄積し、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールなどから利用可能にする。一般的なリレーショナルデータベース(RDB)ソフトと異なり、事前に構造を設計せずにデータを蓄積できる。楠本博巳開発企画統括部プロジェクト統括部長は「スキーマやインデックスの設計が必要ないため、種類や検索項目が頻繁に変わるデータの蓄積に向く」と話す。病院や薬局で作成する大量のレセプト(診療報酬明細書)データの保存などの用途を想定する。

 新製品「Interstage Information Storage」を7月末から出荷する。基幹業務データの履歴やマーケティングデータ、操作ログなど様々なデータを蓄積し、検索や分析に用いる。データはCSVもしくはXML形式で保存する。

 制御用サーバー、抽出用サーバー、ストレージの3つを制御する。制御用サーバーはどのファイルがどこに保存されているといったことを管理する。抽出サーバー、ストレージを増設すれば、性能向上が可能だ。

 併せて各種のデータソースからデータを収集するためのソフト「Interstage Information Integrator」も発表した。一般的なETL(抽出・加工・転送)ツールと異なり、「データ形式変換の定義を決めたり、その定義を変更する際の作業が容易だ」(今村浩一データマネジメント・ミドルウェア事業部事業部長)。ETLツールを使用する場合は製品特有のGUIの使い方を覚えなくてはならないが、Interstage Information Integratorはエクセル同様に操作できる「デザインシート」を使って作業ができる。

 Information StorageとInformation Integratorを組み合わせて使えば、アプリケーションを変更することなくRDBから利用することが可能になる。価格はInformation Storageが450万円から、Information Integratorは150万円から。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34