富士通が電子カルテソフトを強化、処方パターンを自動的にDB化

 富士通はこのほど、電子カルテソフトの新版を発表した。過去の診療パターンを自動的にデータベース化し、これを基に薬の処方の組み合わせなどを提示する機能などを追加した。主に中・大規模病院向けに売り込む。価格は2000万円から。今後3年間で300セットの販売を目指す。


 新版「HOPE/EGMAIN-GX V2」を4月24日から出荷を開始した。薬の処方などの指定パターンを自動的に記憶し、必要とするパターンのリストを自動表示する「ナレッジセット」機能を備える。医師はリストから組み合わせを選択することで処方指定などが効率的にできるという。


 このほか、格納データを自動的に収集して表示する機能や様々な切り口で検索する機能も装備した。一連の機能強化で診療行為の効率向上を支援する。


 併せて専用の問い合わせ・障害対応窓口「医療ワンストップサポートサービス」を開設した。顧客との間を専用回線で結び、専門の要員が24時間365日体制で稼働状況を遠隔監視する。障害の予兆を感知して事前に対策を施すほか、トラブル時は技術者を迅速に派遣する。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1