ブラザー、A4サイズ1万枚の情報を持ち歩ける薄型電子ペーパービューワー

約150dpiと高精細なため小さな文字も滑らかに表示する

約150dpiと高精細なため小さな文字も滑らかに表示する

 ブラザー工業は2009年3月12日、電子ペーパーを利用した薄型・軽量の情報表示端末「ドキュメント ビューワ SV-100B」を発表した。9.7型のモノクロディスプレイを備え、さまざまな文書を電子化して表示。約83時間の連続使用ができるという。価格はオープンで、参考価格は約14万円(バッテリーなど込み)。6月1日発売予定。

 主に企業ユースを想定した電子ペーパービューワー。表示部に反射型電子ペーパーディスプレイ(電気泳動方式)を採用。モノクロ4階調、約 150dpiと高精細なため小さな文字も滑らかに表示する。電源オンから約5秒で使用可能になり、表示切替も1秒以下で、紙のような手軽さを実現したという。

 文書フォーマットは独自で、付属のPC用変換・文書管理ソフト「SV-Manager Ver.1.0」(Windows XP/Vista対応)を使って変換。microSDカードまたはUSBケーブルでビューワーに取り込む。変換はプリントアウトするような手軽さで、印刷できる文書であれば対応できるという。付属の2GBのmicroSDカードにはA4サイズで1万枚分の文書を保存できる。

 用途としては、迅速な解決が求められるメンテナンス現場でのサービスマニュアルの表示のほか、データを暗号化して保存できるため、セキュリティを確保しながら大量の資料を持ち運ぶ訪問医療や弁護士、税理士などの利用を想定している。また、携帯電話やPDA内の文書をBluetoothで転送してビューワーで閲覧するソリューションも用意。企業のニーズに合わせて提供する。

 大きさは幅237×奥行き247×高さ15.5mm(突起部除く)、重さ約600g(microSDカード、専用充電式リチウムイオン電池込み)。表示解像度は1200×825ドット。暗証番号ロック機能搭載。直販サイトで個人の購入にも対応する予定。(館 洋光=Infostand)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0