NECとNJCが協業関係強化、新医事システムと新サービスを発表

 日本電気(NEC)と日本事務器(NJC)は2009年2月12日、医療情報システム分野での協業を強化し、レセプトのオンライン請求対応が急務となっている中小向けの医療事務システムの新製品発売とサポートサービス事業拡大を発表した。

 具体的には、NECが2008年10月に販売を開始した医療機関での患者受付、入院管理、会計、レセプト発行など医療事務を支援する医療事務システム「MegaOakIBARS II」(関連記事:NEC、医療事務システムの新版「MegaOakIBARS II」を発売)が実装する中核ソフトウェアモジュールをNJCにライセンス提供。NJCは、このモジュールを中堅規模の医療機関向けの同社製システム「MAPSシリーズ」に搭載し、「MAPSIBARS」の名称で300床から100床規模の医療施設向け新製品として4月から販売を開始する。


「MAPSIBARS」導入で「コスト削減など、収益の改善・経営力強化につながる」と言うNJC

「MAPSIBARS」導入で「コスト削減など、収益の改善・経営力強化につながる」と言うNJCの田中啓一社長

 「MAPSIBARS」は、「MAPSシリーズの豊富な検索機能や平易なガイダンス表示、慢性期医療機関向け機能、精神科病院独自の統計処理などの機能を継承しながら、「MegaOakIBARS II」のモジュールを搭載することで、より高機能化した中規模病院向け医療事務システム」(NJCの田中啓一社長)。NECの電子カルテシステム「MegaOak」シリーズと連携し、再外来受付機や診察券発行機など各種のソリューションとも連携する。導入によって、「レセプト査定情報分析による返戻率低減や、レセプト点検業務のペーパーレス化に伴うコスト削減など、収益の改善・経営力強化につながる」(田中社長)としている。

 システムの販売価格は、目安として200床規模の医療機関で1500万円から。NECとNJCは協業強化によって、今後3年間で「MegaOakIBARS II」と「MAPSIBARS」合計で650セットを販売する計画。「MAPSIBARS」システムはそのうち、250セットの販売を見込む。

 また両社は、「MegaOakIBARS II」と「MAPSIBARS」のユーザーに対するサービス事業として、オンデマンドVPN(Virtual Private Network:仮想私設網)接続で診療報酬改定、医療制度改定、薬剤マスタ変更などのシステム変更を迅速にできる「IBARSonlineサポートサービス」の提供を2010年3月をめどに共同で始める。

 NECとNJCは協業の第1弾として、2006年に「MegaOakシリーズ共通リソースセンター」を共同で設立し、リモートサポートデスクサービスやシステム監視サービス、バックアップソリューションなどを個別に提供していた。今回新たに、NECが2008年10月にレセプト請求オンライン化事業の提供で協業(関連記事:NTTデータとNECがレセプト請求オンライン化事業で協業)したNTTデータが提供している、インターネットVPN接続を可能にするルーターを利用したオンデマンドVPNオンラインサポート「IBARSonlineサポートサービス」を追加する。


「IBARSonlineサポートは、担当者がタイムリーかつ、安全に対応できる環境を実現する

「IBARSonlineサポートは、担当者がタイムリーかつ、安全に対応できる環境を実現する」とするNEC医療システム事業部事業部長の高平敏男氏

 IBARSonlineサポートサービスは、MegaOakシリーズ共通リソースセンターの配信サーバーから最新の改訂モジュールをプログラムで自動更新する。医療事務システムでの実務作業では、診療報酬改定、医療制度改定、薬剤マスタ変更などが頻繁に発生するため、「担当者がタイムリーかつ、安全に対応できる環境を実現する」(NEC医療システム事業部事業部長の高平敏男氏氏)という。既存サービスのリモートサポートデスクサービスやシステム監視サービス、バックアップソリューションに、IBARSonlineサポートサービスをまとめてパッケージ化して「サポートサービスMACH」として提供していく計画だ。

 2011年度には原則として全ての医療機関でのレセプトオンライン請求が義務づけされるため、NECとNJCは連携を強化し、医療事務システムの開発・サービス提供基盤を両社で共有することで市場動向に対応していく意向だ。(井関 清経)

NEC 医療情報ソリューションのWebサイト
日本事務器のWebサイト


【「医療とIT」の関連記事】
NEC、医療事務システムの新版「MegaOakIBARS II」を発売
NTTデータとNECがレセプト請求オンライン化事業で協業
JICとNJCが医療法人向け経営管理システムの販売で提携


ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1