IBM、健康管理機器のデータを「Google Health」に送信するソフト

 米IBMは米国時間2009年2月4日、個人向け健康管理機器のデータを米Googleのオンライン医療情報管理サービス「Google Health」やそのほかの個人健康記録(PHR:Personal Health Record)システムに自動送信できるソフトウエアを発表した。

 このソフトウエアは、IBMが個人向け健康機器の相互接続性を促進するContinua Health Allianceの協力を得て開発したもの。一部にオープンソース技術を採用している。PHR上のデータを常に最新の状態に保つことを可能にするほか、保存した健康に関する情報を担当医者やほかの医療サービスの専門家とリアルタイムで共有できるようにする。患者の状態を把握して治療方法などをタイムリーに提案できるようになり、慢性疾患の管理や健康管理、高齢者介護などをサポートできるとしている。

 Google Healthは、医療記録と個人の健康に関する情報を安全にオンライン上で管理する無料サービス。2008年5月にサービスを開始した。今回のIBMと Googleの提携により、IBMの情報管理機能、ビジネス・インテリジェンス(BI)、WebSphere Premises Serverセンサー・イベント・プラットフォームをGoogle Healthに統合した。

 Google Healthのディレクタを務めるSameer Samat氏は、「このソフトウエアにより、機器メーカーや病院は、Google HealthのようなPHRプラットフォームに記録データを容易にアップロードできるようになる」とコメントしている。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0