内視鏡レポートを音声で入力、アドバンスト・メディアが新システム

 アドバンスト・メディア(東京都豊島区)は2009年1月30日、内視鏡レポートを音声で作成できる入力システム「AmiVoice Ex Endoscope」(アミボイス・イーエックス・エンドスコープ)を発売した。日本消化器内視鏡学会専門医指導施設である約1100カ所の医療機関を主な対象として販売する。パッケージ価格は、52万5000円(1ライセンス:税込)。


音声入力による変換イメージ

音声入力による変換イメージ

 「AmiVoice Ex Endoscope」は、国内2700カ所以上の医療機関に納入実績のある医療用音声入力システム「AmiVoice Ex」シリーズの「内視鏡版」。「AmiVoice Ex」は、診療現場で多用される処置名、薬品名、病名、症状などの専門用語の辞書を搭載して認識精度を高め、平均認識率は「95%」(同社)という。医療用ではこれまで「電子カルテ版」「放射線科版」「調剤薬局版」「病理版」「歯科版」の5シリーズを展開している。「内視鏡版」の開発には、聖路加国際病院消化器センターの協力を得たという。


 「AmiVoice Ex」は、従来のキーボード入力と比べて「約半分の入力時間」(同社)でレポートが作成できるという。入力作業が短時間となることで、「より多くの検査件数をこなすことができ、医療現場における事務作業効率化が期待できる」(同社)としている。


 レポート作成は、USB接続の専用ハンドマイクを使って入力・修正する。使用頻度が高くなるほど認識率が高くなる、自動学習機能を搭載することも特長という。内視鏡システムだけでなく、電子カルテなどの各種アプリケーションへの対応も可能。同社では内視鏡施設を対象に、今後3年間で300施設への納入を目標としている。(井関 清経)


アドバンスト・メディア


ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2