内視鏡レポートを音声で入力、アドバンスト・メディアが新システム

 アドバンスト・メディア(東京都豊島区)は2009年1月30日、内視鏡レポートを音声で作成できる入力システム「AmiVoice Ex Endoscope」(アミボイス・イーエックス・エンドスコープ)を発売した。日本消化器内視鏡学会専門医指導施設である約1100カ所の医療機関を主な対象として販売する。パッケージ価格は、52万5000円(1ライセンス:税込)。


音声入力による変換イメージ

音声入力による変換イメージ

 「AmiVoice Ex Endoscope」は、国内2700カ所以上の医療機関に納入実績のある医療用音声入力システム「AmiVoice Ex」シリーズの「内視鏡版」。「AmiVoice Ex」は、診療現場で多用される処置名、薬品名、病名、症状などの専門用語の辞書を搭載して認識精度を高め、平均認識率は「95%」(同社)という。医療用ではこれまで「電子カルテ版」「放射線科版」「調剤薬局版」「病理版」「歯科版」の5シリーズを展開している。「内視鏡版」の開発には、聖路加国際病院消化器センターの協力を得たという。


 「AmiVoice Ex」は、従来のキーボード入力と比べて「約半分の入力時間」(同社)でレポートが作成できるという。入力作業が短時間となることで、「より多くの検査件数をこなすことができ、医療現場における事務作業効率化が期待できる」(同社)としている。


 レポート作成は、USB接続の専用ハンドマイクを使って入力・修正する。使用頻度が高くなるほど認識率が高くなる、自動学習機能を搭載することも特長という。内視鏡システムだけでなく、電子カルテなどの各種アプリケーションへの対応も可能。同社では内視鏡施設を対象に、今後3年間で300施設への納入を目標としている。(井関 清経)


アドバンスト・メディア


ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1