内視鏡レポートを音声で入力、アドバンスト・メディアが新システム

 アドバンスト・メディア(東京都豊島区)は2009年1月30日、内視鏡レポートを音声で作成できる入力システム「AmiVoice Ex Endoscope」(アミボイス・イーエックス・エンドスコープ)を発売した。日本消化器内視鏡学会専門医指導施設である約1100カ所の医療機関を主な対象として販売する。パッケージ価格は、52万5000円(1ライセンス:税込)。


音声入力による変換イメージ

音声入力による変換イメージ

 「AmiVoice Ex Endoscope」は、国内2700カ所以上の医療機関に納入実績のある医療用音声入力システム「AmiVoice Ex」シリーズの「内視鏡版」。「AmiVoice Ex」は、診療現場で多用される処置名、薬品名、病名、症状などの専門用語の辞書を搭載して認識精度を高め、平均認識率は「95%」(同社)という。医療用ではこれまで「電子カルテ版」「放射線科版」「調剤薬局版」「病理版」「歯科版」の5シリーズを展開している。「内視鏡版」の開発には、聖路加国際病院消化器センターの協力を得たという。


 「AmiVoice Ex」は、従来のキーボード入力と比べて「約半分の入力時間」(同社)でレポートが作成できるという。入力作業が短時間となることで、「より多くの検査件数をこなすことができ、医療現場における事務作業効率化が期待できる」(同社)としている。


 レポート作成は、USB接続の専用ハンドマイクを使って入力・修正する。使用頻度が高くなるほど認識率が高くなる、自動学習機能を搭載することも特長という。内視鏡システムだけでなく、電子カルテなどの各種アプリケーションへの対応も可能。同社では内視鏡施設を対象に、今後3年間で300施設への納入を目標としている。(井関 清経)


アドバンスト・メディア


ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正