遺伝子マップに基づく生活改善アドバイス、5年以内に2万円程度で提供可能に

 米IBMはこのほど、生活を変える可能性がある5つのイノベーションを示す近未来技術予測「IBM Next 5 in 5」を発表した。同種の発表はこれで3回目。そのうち、ヘルスケア分野に関連したイノベーションが「健康を占う水晶玉」と題した技術だ。

 具体的には、個人のDNAに基づいた遺伝子マップを極めて低価格で提供できるようになるというもの。生涯にわたる健康リスクとリスク低減の可能性を算出し、医師はその情報に基づいて生活習慣改善のアドバイスや治療を施す。医師から患者への基本的な情報提供料は200ドルを切るとIBMは予測する。

 これは漠とした技術予測ではない。IBMは進行中の事例として、同社が参加して欧州で進められているHIV治療のテーラーメイド化プロジェクトを呈示している。

 欧州では個々のHIV患者について、患者の特性、感染しているウイルスの遺伝子型と治療に対する反応を統合した大規模なデータベース構築が進められている。新たなHIV患者に対する治療方針を決定する際、人種や家族歴などと検査データを基に、このデータベースを参照し、最も適した“薬剤カクテル”を決定することで、治療成績を上げ、治療コストを大幅に削減できる。こうした治療最適化技術を様々な医療や健康増進に拡張したものが、冒頭の「水晶玉」である。

 ほかの4つの近未来技術としては次のようなものが挙げられている。
・道路、衣類、車など様々な場所を低価格で発電体にできる薄膜太陽電池技術。
・話しかけると返事をするホームページ。
・デジタル・ショッピング・アシスタント。似合っているかどうかの確認、割引き、電子メールなどによる友人や家族の意見の集約などを行う。
・歩いた経路、会話、アポイントメントなどを記録・保存・分析する総合的な記憶援助。日本IBMのプレスリリースはこちらで閲覧できる。
(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14