フィリップス、腹部の高画質撮影を実現した3T MRIを発表

 フィリップスは11月30日、米シカゴで開催された第94回北米放射線学会(RSNA2008)で、3T(テスラ)MRIの新製品「Achieva 3.0T TX」を発表した。「複数送信」と呼ばれる新技術を採用、さまざまな体形の腹部撮影でも高品質の画像が得られるという。欧米ではただちに販売を開始、日本では薬事承認が得られ次第、2009年後半をめどに発売する。

 MRIで照射する高周波の周波数は、磁力が強いほど高くする必要があるが、そのために体内で特定部位だけ高周波が強まる「定在波」が起きやすくなる。また、腹部には肺や消化管のように空気層を持つ臓器などがあり、周波数の高い3T MRIでは画像ムラが発生しやすい特性がある 注)。

 Achieva 3.0T TXでは、独立した2つの電磁波送信ユニットを備え、位相と振幅が異なる高周波を同時送信することで、このムラを改善した。いったん標準的な送信を行って受信ムラを評価し、最適化した本送信を行う。このため、肥満体や腹水など様々な状態の患者に対し、いわばテーラーメイドの高品質な撮影が実現するという。
(中沢 真也=日経メディカル別冊)


注)MRIでは、強力な磁気をかけた状態で特定周波数の電磁波を放射・受信し、水素原子核(プロトン)の核磁気共鳴から組織の状態を画像化する。共鳴周波数は磁気の強さに比例して高くなり、3Tでは約128MHzとなるが、この周波数の電磁波は、人体の内部では腹部の厚みに相当する約25cmで、中心部が強まる定在波が発生するという。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43