フィリップス、腹部の高画質撮影を実現した3T MRIを発表

 フィリップスは11月30日、米シカゴで開催された第94回北米放射線学会(RSNA2008)で、3T(テスラ)MRIの新製品「Achieva 3.0T TX」を発表した。「複数送信」と呼ばれる新技術を採用、さまざまな体形の腹部撮影でも高品質の画像が得られるという。欧米ではただちに販売を開始、日本では薬事承認が得られ次第、2009年後半をめどに発売する。

 MRIで照射する高周波の周波数は、磁力が強いほど高くする必要があるが、そのために体内で特定部位だけ高周波が強まる「定在波」が起きやすくなる。また、腹部には肺や消化管のように空気層を持つ臓器などがあり、周波数の高い3T MRIでは画像ムラが発生しやすい特性がある 注)。

 Achieva 3.0T TXでは、独立した2つの電磁波送信ユニットを備え、位相と振幅が異なる高周波を同時送信することで、このムラを改善した。いったん標準的な送信を行って受信ムラを評価し、最適化した本送信を行う。このため、肥満体や腹水など様々な状態の患者に対し、いわばテーラーメイドの高品質な撮影が実現するという。
(中沢 真也=日経メディカル別冊)


注)MRIでは、強力な磁気をかけた状態で特定周波数の電磁波を放射・受信し、水素原子核(プロトン)の核磁気共鳴から組織の状態を画像化する。共鳴周波数は磁気の強さに比例して高くなり、3Tでは約128MHzとなるが、この周波数の電磁波は、人体の内部では腹部の厚みに相当する約25cmで、中心部が強まる定在波が発生するという。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25