「消毒薬にも負けない」モバイルPC、パナソニックが発表

「TOUGHBOOK CF-H1」本体のきょう体

「TOUGHBOOK CF-H1」本体のきょう体

 パナソニックは2008年11月6日、医療現場向けタブレット型モバイルPC「TOUGHBOOK(タフブック)CF-H1」を発表した。消毒薬に対する耐性の向上、持ち運び用のハンドル装備など、医療現場で利用することを想定した仕様になっている。09年3月10日に出荷する予定。

 タフブック CF-H1は、同社の堅牢性の高いノートパソコンブランド「タフブック」シリーズの製品。衝撃に強い、長時間駆動バッテリ内蔵といったシリーズの特徴に加え、医療現場向けの特徴を備える。表面にはアルコールなど消毒薬による拭き取りでも腐食しにくい材質を採用。きょう体材料にも耐薬品樹脂を採用して衝撃や腐食から本体を保護する。上部にハンドルを装備し、ナースステーションやベッドサイドなど様々な場所への持ち運びを容易にした。

 同製品はインテルのヘルスケア向けプラットフォーム「Mobile Clinical Assistant(MCA)」を基盤にパナソニックがインテルの技術協力を得て商品化した。Wi-FiやBluetoothなどの無線通信が可能なほか、RFIDリーダーやバーコードリーダーの機能を内蔵する。こうした機能を活用し、投薬前に患者と医薬品のタグを照合する仕組みを作れば、投薬ミスの防止につながる。

本体下部のリーダーでタグを読み取る

本体下部のリーダーでタグを読み取る

 タフブック CF-H1開発の背景には、看護師の不足、看護師の管理業務増加などがある。モバイルPCと電子カルテが合わせて普及することで、医局やナースステーションに戻ることなく、患者情報へアクセスしたり看護業務を記録したりすることが可能になる。


 価格はオープンだが、市場参考価格は26万円(同社広報)。12年までに10万台の売り上げ、医療業界向けモバイルPCの市場でシェアトップを目指す。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:38
  2. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:269
  4. 「土俵×女性」問題で虎が感じた違和感 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:26
  5. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:45
  6. いまだに減らない「いきなりAIDS」 厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告 FBシェア数:65
  7. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:54
  8. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:17
  9. 面談の極意は「目的が伝わる組み立て」にあり 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか FBシェア数:200
  10. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
医師と医学研究者におすすめの英文校正