「消毒薬にも負けない」モバイルPC、パナソニックが発表

「TOUGHBOOK CF-H1」本体のきょう体

「TOUGHBOOK CF-H1」本体のきょう体

 パナソニックは2008年11月6日、医療現場向けタブレット型モバイルPC「TOUGHBOOK(タフブック)CF-H1」を発表した。消毒薬に対する耐性の向上、持ち運び用のハンドル装備など、医療現場で利用することを想定した仕様になっている。09年3月10日に出荷する予定。

 タフブック CF-H1は、同社の堅牢性の高いノートパソコンブランド「タフブック」シリーズの製品。衝撃に強い、長時間駆動バッテリ内蔵といったシリーズの特徴に加え、医療現場向けの特徴を備える。表面にはアルコールなど消毒薬による拭き取りでも腐食しにくい材質を採用。きょう体材料にも耐薬品樹脂を採用して衝撃や腐食から本体を保護する。上部にハンドルを装備し、ナースステーションやベッドサイドなど様々な場所への持ち運びを容易にした。

 同製品はインテルのヘルスケア向けプラットフォーム「Mobile Clinical Assistant(MCA)」を基盤にパナソニックがインテルの技術協力を得て商品化した。Wi-FiやBluetoothなどの無線通信が可能なほか、RFIDリーダーやバーコードリーダーの機能を内蔵する。こうした機能を活用し、投薬前に患者と医薬品のタグを照合する仕組みを作れば、投薬ミスの防止につながる。

本体下部のリーダーでタグを読み取る

本体下部のリーダーでタグを読み取る

 タフブック CF-H1開発の背景には、看護師の不足、看護師の管理業務増加などがある。モバイルPCと電子カルテが合わせて普及することで、医局やナースステーションに戻ることなく、患者情報へアクセスしたり看護業務を記録したりすることが可能になる。


 価格はオープンだが、市場参考価格は26万円(同社広報)。12年までに10万台の売り上げ、医療業界向けモバイルPCの市場でシェアトップを目指す。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:253
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:418
  3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:127
  4. スタチン:首位クレストールにリピトールが迫る NMO処方サーベイ FBシェア数:3
  5. 単回使用医療機器に関する通知が揺れたワケ 短期集中連載◎どう読む?医療機器の再使用に関する通知(1) FBシェア数:17
  6. 新禁煙宣言、禁煙指導の技能が専門医資格要件に 学会トピック◎第40回日本高血圧学会総会 FBシェア数:151
  7. 交替時間のオーラ 病院珍百景 FBシェア数:9
  8. 腸管透過性亢進に関連する疾患にルビプロストンが有… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:2
  9. 患者の言葉を“翻訳”するための質問 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:2
  10. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:92