「消毒薬にも負けない」モバイルPC、パナソニックが発表

「TOUGHBOOK CF-H1」本体のきょう体

「TOUGHBOOK CF-H1」本体のきょう体

 パナソニックは2008年11月6日、医療現場向けタブレット型モバイルPC「TOUGHBOOK(タフブック)CF-H1」を発表した。消毒薬に対する耐性の向上、持ち運び用のハンドル装備など、医療現場で利用することを想定した仕様になっている。09年3月10日に出荷する予定。

 タフブック CF-H1は、同社の堅牢性の高いノートパソコンブランド「タフブック」シリーズの製品。衝撃に強い、長時間駆動バッテリ内蔵といったシリーズの特徴に加え、医療現場向けの特徴を備える。表面にはアルコールなど消毒薬による拭き取りでも腐食しにくい材質を採用。きょう体材料にも耐薬品樹脂を採用して衝撃や腐食から本体を保護する。上部にハンドルを装備し、ナースステーションやベッドサイドなど様々な場所への持ち運びを容易にした。

 同製品はインテルのヘルスケア向けプラットフォーム「Mobile Clinical Assistant(MCA)」を基盤にパナソニックがインテルの技術協力を得て商品化した。Wi-FiやBluetoothなどの無線通信が可能なほか、RFIDリーダーやバーコードリーダーの機能を内蔵する。こうした機能を活用し、投薬前に患者と医薬品のタグを照合する仕組みを作れば、投薬ミスの防止につながる。

本体下部のリーダーでタグを読み取る

本体下部のリーダーでタグを読み取る

 タフブック CF-H1開発の背景には、看護師の不足、看護師の管理業務増加などがある。モバイルPCと電子カルテが合わせて普及することで、医局やナースステーションに戻ることなく、患者情報へアクセスしたり看護業務を記録したりすることが可能になる。


 価格はオープンだが、市場参考価格は26万円(同社広報)。12年までに10万台の売り上げ、医療業界向けモバイルPCの市場でシェアトップを目指す。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172