NTTデータとNECがレセプト請求オンライン化事業で協業

中小病院対象に廉価・簡便さを訴求してシェア拡大を狙う

NTTデータ 医療福祉事業部長の富田茂氏(左)と、NEC 医療ソリューション事業部長の山

NTTデータ 医療福祉事業部長の富田茂氏(左)と、NEC 医療ソリューション事業部長の山口琢也氏

 NTTデータとNECは2008年10月27日、診療報酬明細書(レセプト)をオンライン請求するためのサービス事業で協業すると発表した。NECがNTTデータのネットワーク基盤を利用する「NECレセプトオンライン接続ワンストップサービス」を商品化し、主に400床未満の病院や調剤薬局を対象に同日から販売を開始した。オンライン請求に必要な通信回線や接続機器、パソコンのセットアップ・サービスなどを提供して、中小病院や調剤薬局の負担の軽減を狙う。

 NECレセプトオンライン接続ワンストップサービスは、VPN(仮想私設網)接続を行うためのルーター、インターネット回線の「BIGLOBEオフィス光withフレッツ」、パソコンや訪問サポートをセットにしたもの。NTTデータが9月から提供している、暗号化技術のIPsecとIKEを使ってインターネットVPN接続を可能にするルーターを利用する。NTTデータは、暗号化技術を使ったインターネット通信で安全性適合性評価を受けている4社のうちの1社である(ほかはNTT PCコミュニケーションズ、富士通、三菱電機情報ネットワークの3社)。

 価格は、レセプトオンライン接続サービスの初期費用が1万5750円。利用料は1995円(月額)。ルーターのレンタル料は5年レンタルで630円(同)、3年レンタルで840円(同)、買い取りの場合は3万1500円。インターネット回線の基本使用料は3875円から。同サービスで使うパソコンはレンタル/リースで5250円(同)、買い取りの場合16万8000円から。

レセプトオンライン請求アプリケーションをプリ・インストールしたNEC製ノート型PCと

レセプトオンライン請求アプリケーションをプリ・インストールしたNEC製ノート型PCと、NTTデータのルータ(OD-VPNアダプタ)

 NECの山口琢也・医療ソリューション事業部長は「3年間で60億円の売り上げ、暗号化技術を使ったインターネット通信サービス市場で30%のシェア1位を目指す」と語った。NTTデータの富田茂・医療福祉事業部長は「USBメモリーを使ってVPN環境を構築する同種のサービスはあるが、ルーターを提供するのは当社だけ。ルーターは最大16サービスまで拡張でき、将来は電子カルテのデータを相互利用する地域医療連携などに応用できる」と説明する。


 各医療機関には08年度から、レセプトのオンライン請求が段階的に義務づけられている。08年4月から400床以上の病院がオンライン請求の対象となり、09年4月からは、400床未満の病院と調剤薬局も対象になる。09年に対象となる医療機関はおよそ4万施設となる見通しだが、該当機関のオンライン請求の実施率は9月30日時点で約10%にとどまっている。11年度(12年3月)までに少数の例外を除く医療機関、13年度(14年3月)までにすべての医療機関にオンライン請求が義務づけられる。(二羽 はるな=日経コンピュータ


【「医療とIT」関連記事】
NEC、医療事務システムの新版「MegaOakIBARS II」を発売 (10/15)
富士通、インターネットでレセプトのオンライン請求できるサービス開始 (5/22)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54