インターシステムズ、オブジェクトDBを生かした高速BIソフトを発売

 医療施設向けのオブジェクト型データベース「Caché(キャシエ)」の販売実績を持つインターシステムズジャパンは10月23日、BI(ビジネス・インテリジェンス)ソフト「InterSystems DeepSee」の出荷を開始した。Cachéを生かし、業務データの分析や結果の表示をリアルタイムで実行できるのが特徴。ユーザー企業の業務システムのほか、アプリケーション・パッケージにCachéとともに組み込んで利用することを想定している。


 「従来のBIでは分析用の多次元データを別に作り、それを後から分析するので“周回遅れの”結果しか得られなかった。このため、BIへの投資効果に疑問を抱くユーザーは少なくない。これに対し、DeepSeeは“リアルタイム組み込み型BI”だ。アプリケーションの内側で業務データそのものを使った分析を常時行うので、いつでも“今”の結果を見られる」と、植松裕史社長は説明する。


 DeepSeeを使う場合、分析対象や分析軸などを事前に定義しておけば、最新の業務データを反映した分析結果が得られる。デモでは「リアルタイムBI」であることを示すため、分析結果の表示画面で数値が時々刻々変わる様子を紹介した(写真)。


 リアルタイム組み込み型BI実現のカギは、Cachéの備える「トランザクショナル・ビットマップ・インデックス」と呼ぶ技術である。「BIでは、大容量データを短時間で検索する手段としてビットマップ・インデックスがよく使われてきた。だが、検索は早いが更新は遅いという欠点があり、更新系のアプリケーションには使えなかった。Cachéではこれをデータ圧縮技術で解決した」(佐藤比呂志テクニカルコンサルティング&教育サービス部長)。


 佐藤部長によれば、レコード1000万件で、ある条件(例えば「性別が男性」)に対するビットマップ・インデックスを作る場合、理論上は125Kバイト(12万5000バイト)の記憶領域が必要になるが、Cachéの場合、最も圧縮効率の高いケースで100分の1、つまり1250バイトで済むという。


 DeepSeeはCachéと同様、米InterSystemsが開発した。Windows、Linux、Mac、UNIX、OpenVMSで動作する。最小構成時の価格はDeepSee単体で70万円程度(5ユーザー、税別)。現在国内でCACHEなど同社製品を販売するパートナー企業は100社程度。同社は今後、主要パートナー各社にアプリケーション製品へのDeepSeeの組み込みを働きかけていく考えだ。(佐竹 三江=ITpro


分析結果の表示画面

分析結果の表示画面

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182