NEC、医療事務システムの新版「MegaOakIBARS II」を発売

 NECは10月15日、医療施設の患者受付、入院管理、会計・レセプト発行などの医療事務を支援するシステム「MegaOakIBARS」を強化した新版「MegaOakIBARS II」を同日に発売したと発表した。

 「MegaOakIBARS II」の特長は、これまで膨大な労力を要していた、記入漏れ・記入ミス、診療行為間の関連性の確認などの院内での紙レセプトのチェックをシステム画面上で自動的に行える点にあるという。チェック機能には最新の医療制度改革や診療報酬改定等も細かに反映され、これまで医事課職員や医師が膨大な時間と手間を掛けて行っていた全ての紙レセプトの確認作業が、自動チェックで抽出したミスのあるレセプトのみを再確認・修正する工数だけに限定できる。そのため、「レセプトチェックに関わる作業工数を50%ほど削減できる」(NEC)という。

 また、レセプトオンライン化により支払基金から返戻されるレセプトの査定データを、「審査機関別」「診療科別」「薬剤別」などに分析し、見やすい帳票やグラフで表示することも特長という。これによって、「業務・経営課題を迅速に把握でき、医療業務の効率化や収益改善策の策定につなげることが可能」(NEC)としている。

 「MegaOakIBARS II」のパッケージ価格は、1080万円から(ハード、SI費は含まず)。2009年3月から出荷を開始する。同社はあわせて、300床以下の医療機関向けシステム「MegaOakIBARS II /LT」も同時に出荷を始める予定。NECは今後3年間で、「MegaOakIBARS II」「MegaOakIBARS II /LT」の両製品合計で400システムの販売を目指す。

レセプト表示画面イメージ

レセプト表示画面イメージ



■NECの「医療情報ソリューション」Webページ
http://www.nec.co.jp/medsq/index.html
■「MegaOakIBARS II」発表資料のWebページ
http://www.nec.co.jp/press/ja/0810/1501-01.html

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176