IBM、医療機関向けモビリティ・サービスを発表

 米IBMは米国時間2008年9月11日、医療機関向けモビリティ・サービス「IBM Enterprise Mobility Services」を提供すると発表した。このサービスは、医療の効率化や質の向上を図るために無線モビリティ製品の導入を支援するもの。医師と看護師が無線で通信できるほか、院内のどこからでも患者の医療記録にアクセスできるようになる。

 この通信プラットフォームには、即座に無線で通信できる機能、リアルタイムの位置情報、イベント駆動型のインテリジェントな通知機能などを用意する。これらの機能を通じて、医療の効率化やリスク管理の向上を図りながら、より適切な治療を実施できるように支援する。また、複数の無線ネットワークと音声ネットワークの統合により、重複するシステム管理プロセスを減らすことができるほか、経費削減にもつながるとしている。

 オーストラリアのメルボルン市にあるRoyal Children's Hospital(RCH)は、IBMのサービス導入により、既存の無線インフラ(米Cisco Systems製)を活用して先行投資を抑えながら、院内のどこにいても医師同士が連絡できるモバイル通信システムを構築できたと報告している。

 IBMのシステム・インフラのサービス部門であるGlobal Technology Servicesは、次世代のモバイル技術や位置情報技術を統合するソリューションの提供に向け、Ciscoや米Motorolaといった大手無線メーカーと協業を進めているという。(ITpro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:88
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:121
  4. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:3
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:10
  6. 探してます。自然な理由を 病院珍百景 FBシェア数:15
  7. 高齢者の結核に要注意、フレイルは治療のリスク 学会トピック◎第60回日本老年医学会学術集会 FBシェア数:39
  8. 麻疹で困っている、知りたい、気になることは? ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:13
  9. ムコイド型耐性肺炎球菌に新たな耐性菌が 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:20
  10. どうして今さら訪問看護!? ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:42
医師と医学研究者におすすめの英文校正