IBM、医療機関向けモビリティ・サービスを発表

 米IBMは米国時間2008年9月11日、医療機関向けモビリティ・サービス「IBM Enterprise Mobility Services」を提供すると発表した。このサービスは、医療の効率化や質の向上を図るために無線モビリティ製品の導入を支援するもの。医師と看護師が無線で通信できるほか、院内のどこからでも患者の医療記録にアクセスできるようになる。

 この通信プラットフォームには、即座に無線で通信できる機能、リアルタイムの位置情報、イベント駆動型のインテリジェントな通知機能などを用意する。これらの機能を通じて、医療の効率化やリスク管理の向上を図りながら、より適切な治療を実施できるように支援する。また、複数の無線ネットワークと音声ネットワークの統合により、重複するシステム管理プロセスを減らすことができるほか、経費削減にもつながるとしている。

 オーストラリアのメルボルン市にあるRoyal Children's Hospital(RCH)は、IBMのサービス導入により、既存の無線インフラ(米Cisco Systems製)を活用して先行投資を抑えながら、院内のどこにいても医師同士が連絡できるモバイル通信システムを構築できたと報告している。

 IBMのシステム・インフラのサービス部門であるGlobal Technology Servicesは、次世代のモバイル技術や位置情報技術を統合するソリューションの提供に向け、Ciscoや米Motorolaといった大手無線メーカーと協業を進めているという。(ITpro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97