IBM、医療機関向けモビリティ・サービスを発表

 米IBMは米国時間2008年9月11日、医療機関向けモビリティ・サービス「IBM Enterprise Mobility Services」を提供すると発表した。このサービスは、医療の効率化や質の向上を図るために無線モビリティ製品の導入を支援するもの。医師と看護師が無線で通信できるほか、院内のどこからでも患者の医療記録にアクセスできるようになる。

 この通信プラットフォームには、即座に無線で通信できる機能、リアルタイムの位置情報、イベント駆動型のインテリジェントな通知機能などを用意する。これらの機能を通じて、医療の効率化やリスク管理の向上を図りながら、より適切な治療を実施できるように支援する。また、複数の無線ネットワークと音声ネットワークの統合により、重複するシステム管理プロセスを減らすことができるほか、経費削減にもつながるとしている。

 オーストラリアのメルボルン市にあるRoyal Children's Hospital(RCH)は、IBMのサービス導入により、既存の無線インフラ(米Cisco Systems製)を活用して先行投資を抑えながら、院内のどこにいても医師同士が連絡できるモバイル通信システムを構築できたと報告している。

 IBMのシステム・インフラのサービス部門であるGlobal Technology Servicesは、次世代のモバイル技術や位置情報技術を統合するソリューションの提供に向け、Ciscoや米Motorolaといった大手無線メーカーと協業を進めているという。(ITpro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54