IBM、医療機関向けモビリティ・サービスを発表

 米IBMは米国時間2008年9月11日、医療機関向けモビリティ・サービス「IBM Enterprise Mobility Services」を提供すると発表した。このサービスは、医療の効率化や質の向上を図るために無線モビリティ製品の導入を支援するもの。医師と看護師が無線で通信できるほか、院内のどこからでも患者の医療記録にアクセスできるようになる。

 この通信プラットフォームには、即座に無線で通信できる機能、リアルタイムの位置情報、イベント駆動型のインテリジェントな通知機能などを用意する。これらの機能を通じて、医療の効率化やリスク管理の向上を図りながら、より適切な治療を実施できるように支援する。また、複数の無線ネットワークと音声ネットワークの統合により、重複するシステム管理プロセスを減らすことができるほか、経費削減にもつながるとしている。

 オーストラリアのメルボルン市にあるRoyal Children's Hospital(RCH)は、IBMのサービス導入により、既存の無線インフラ(米Cisco Systems製)を活用して先行投資を抑えながら、院内のどこにいても医師同士が連絡できるモバイル通信システムを構築できたと報告している。

 IBMのシステム・インフラのサービス部門であるGlobal Technology Servicesは、次世代のモバイル技術や位置情報技術を統合するソリューションの提供に向け、Ciscoや米Motorolaといった大手無線メーカーと協業を進めているという。(ITpro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161