GoogleやMS、健康・医療情報のオンライン利用基準を支持

 米Markle Foundationは米国時間2008年6月25日、同団体が中心となって提唱している健康・医療情報へのアクセス保護に関する枠組みについて、大手ハイテク企業やプロバイダ、健康保険会社、医療機関などの賛同を得たと発表した。賛同を表明したのは、米Google、米Microsoft、米WebMD をはじめとする31の企業と組織。

 この枠組みは、消費者のオンライン健康・医療情報の利用促進に向けて、Markleが主導した官民共同の取り組み「Connecting for Health」から生まれたもの。個人情報を保護しつつ、消費者が自分の健康・医療情報にオンラインでアクセスできるようにするための一連の行動規範を定義している。

 Markleが個人情報のオンライン利用について実施した調査によると、米国では成人の80%以上が「電子的な個人健康記録(PHR)は便利だ」と考えている。電子PHRは、医療記録の間違いチェック、医療費の追跡、同一検査などの二重受診の回避、患者自身の健康管理などに有効と期待されている。

 そして消費者の大半は、個人の健康・医療情報が未許可の人物の手に渡った場合の措置、自身の健康・医療情報にアクセスした人物の確認、情報の訂正や取り扱いに関する手順の明確な指示、といった事柄を重視しているという。(ITPro




ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94