GoogleやMS、健康・医療情報のオンライン利用基準を支持

 米Markle Foundationは米国時間2008年6月25日、同団体が中心となって提唱している健康・医療情報へのアクセス保護に関する枠組みについて、大手ハイテク企業やプロバイダ、健康保険会社、医療機関などの賛同を得たと発表した。賛同を表明したのは、米Google、米Microsoft、米WebMD をはじめとする31の企業と組織。

 この枠組みは、消費者のオンライン健康・医療情報の利用促進に向けて、Markleが主導した官民共同の取り組み「Connecting for Health」から生まれたもの。個人情報を保護しつつ、消費者が自分の健康・医療情報にオンラインでアクセスできるようにするための一連の行動規範を定義している。

 Markleが個人情報のオンライン利用について実施した調査によると、米国では成人の80%以上が「電子的な個人健康記録(PHR)は便利だ」と考えている。電子PHRは、医療記録の間違いチェック、医療費の追跡、同一検査などの二重受診の回避、患者自身の健康管理などに有効と期待されている。

 そして消費者の大半は、個人の健康・医療情報が未許可の人物の手に渡った場合の措置、自身の健康・医療情報にアクセスした人物の確認、情報の訂正や取り扱いに関する手順の明確な指示、といった事柄を重視しているという。(ITPro




ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:255
  2. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:430
  3. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:35
  4. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:6
  5. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  6. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:17
  7. 日本病院会認定の「病院総合医」来春から養成 卒後6年以上の医師を対象、研修期間は原則2年 FBシェア数:90
  8. シャンプー、ゲル…頭部乾癬用薬の新剤形が続々 トレンド◎患者の利便性向上や副作用の軽減に期待 FBシェア数:67
  9. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:51
  10. やっぱり必要、診療情報提供書 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:46