フィリップス、生体情報モニター「InterlliVue」シリーズ2製品を発売

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンはこのほど、病院内の患者の容態をモニタリングする生体情報モニターの新製品「IntelliVue MP80」と「IntelliVue MP5」の販売を開始したと発表した。

「IntelliVue MP80」

「IntelliVue MP80」

 「IntelliVue MP80」は、本体とディスプレイが分離した構成となっている。ディスプレイ一体型の従来製品「IntelliVue MP70」と比較して、より多くの情報量を表示する大画面、または、長尺の心電図など時間幅の広い情報を表示するワイド画面の、いずれかを選択できる。本体とディスプレイを別構成とすることで、ディスプレイ一体型と比べて、設置面での柔軟性が高いという。

 「IntelliVue MP80」の追加により、CCUなどより長尺の心電図表示が必要な部門、手術室などのトレンドや解析データ、各種生体情報パラメータといった多様なデータの一覧性を必要とする部門に、より幅広い選択肢を提供する。

 「IntelliVue MP5」は、「IntelliVue」シリーズで最も小型のモニターで、患者搬送時に使用できることが最大の特徴といえる。車両ならびに航空機搭載を主とする、各種規格に適合済みで、患者搬送に適した堅牢性も備えているという。

「IntelliVue MP5」

「IntelliVue MP5」

 「IntelliVue MP5」は、上位機種の「InteliVue MP70」をはじめとするIntelliVueシリーズのモニターと連携して使用できる。搬送時の使用後、患者ケーブル等を接続し直さず、そのまま継続的なモニタリングを行える。回復期にある患者のモニタリング時には、同社製テレメトリ送信機と接続することにより、患者の拘束を最低限に抑えながら血圧パラメータなどの測定情報をセントラルモニタ画面にシームレスに統合表示できる。

 IntelliVueシリーズは、国内外の基幹病院における急性期病棟や手術室で導入されており、2007年度には全世界での累計販売台数が20万台を超えたという。同社では、今回の2機種を加えたモニタ製品群の受注活動を積極的に進め、年間販売台数を現在より300台増加させることを見込んでいる。(柏崎 吉一=フリーランスライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256