富士通、インターネットでレセプトのオンライン請求できるサービス開始

 富士通は2008年5月21日、医療機関がインターネット経由で診療報酬明細書(レセプト)を請求できる「FENICSメディカル・グループネットサービス」を開始したと発表した。このサービスは、パソコンにVPN(Virtual Private Network:仮想閉域網)接続ソフトを組み込んだ専用のUSBキー(ユーザを特定するためのアクセス・キー)を差し込んだり、専用のルータ(ネットワークのルーティングを行う中継機器)経由でネット接続することで高度なセキュリティを確保したネットワークを構築し、レセプトを同社のデータセンター経由で企業の健康保険組合などへ提出できる環境を提供する。

 USBキーとルータには、VPN接続の際にIKE鍵交換方式のIPsecを利用した暗号化通信を提供する機能を搭載し、記載情報の書き換え防止などのセキュリティを確保しているという。レセプトは、富士通のデータセンター経由で審査支払機関などに請求する。

 小規模病院、及び診療所向けのサービスで、パソコン1台で利用する場合はUSBキー・タイプ、複数台で接続する場合はルータ・タイプで利用する。価格は、USBキー・タイプが初期導入費3000円で、月額利用料が1800円。ルータ・タイプは初期導入費5000円で、月額利用料が5500円。インターネット接続費用、プロバイダ契約費用、USBキーの初期費用(参考価格は1万4000円〜)、ルータ費用(同9万8000円)は別途、利用者が支払う。(井関 清経)






ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1