富士通、インターネットでレセプトのオンライン請求できるサービス開始

 富士通は2008年5月21日、医療機関がインターネット経由で診療報酬明細書(レセプト)を請求できる「FENICSメディカル・グループネットサービス」を開始したと発表した。このサービスは、パソコンにVPN(Virtual Private Network:仮想閉域網)接続ソフトを組み込んだ専用のUSBキー(ユーザを特定するためのアクセス・キー)を差し込んだり、専用のルータ(ネットワークのルーティングを行う中継機器)経由でネット接続することで高度なセキュリティを確保したネットワークを構築し、レセプトを同社のデータセンター経由で企業の健康保険組合などへ提出できる環境を提供する。

 USBキーとルータには、VPN接続の際にIKE鍵交換方式のIPsecを利用した暗号化通信を提供する機能を搭載し、記載情報の書き換え防止などのセキュリティを確保しているという。レセプトは、富士通のデータセンター経由で審査支払機関などに請求する。

 小規模病院、及び診療所向けのサービスで、パソコン1台で利用する場合はUSBキー・タイプ、複数台で接続する場合はルータ・タイプで利用する。価格は、USBキー・タイプが初期導入費3000円で、月額利用料が1800円。ルータ・タイプは初期導入費5000円で、月額利用料が5500円。インターネット接続費用、プロバイダ契約費用、USBキーの初期費用(参考価格は1万4000円〜)、ルータ費用(同9万8000円)は別途、利用者が支払う。(井関 清経)






ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正