「自分のカルテや処方箋を保管」-- Googleが医療情報管理サービスのベータ版公開

 米Googleは米国時間2008年5月19日、オンライン医療情報管理サービス「Google Health」のベータ版を公開した。同社Search & User Products部門担当副社長のMarissa Mayer氏が、同社の公式ブログへの投稿で明らかにした。ユーザーは自分の医療情報をオンラインで収集、保存、管理できる。利用は無料だが、現時点で同サービスを利用できるのは米国のみ。

 Google Healthでは、病院や処方薬局などと連携可能なプラットフォームを採用し、カルテ、処方履歴、検査結果といったデータを自動的に取り込めるようにしている。データはオンラインで管理するため、ユーザーはセカンド・オピニオンが必要な場合や、転院するときなども、自分の医療記録に容易にアクセスし、他の病院と共有できる。

 データにアクセスできるのは、デフォルトでユーザーのみに限定されており、ユーザーが許可しない限り、第三者は閲覧できない。またデータの削除は、本人の意志でいつでも自由に行える。

 同社は2008年2月より、米国クリーブランド州の医療機関Cleveland Clinicと共同でパイロット・プロジェクトを行い、Google Healthを試験的に運用していた(関連記事:Google、Webで医療情報を管理できる「Google Health」の詳細を発表)。CNET News.comの報道によると、今回のベータ版公開にあたり、Cleveland Clinicのほか、マサチューセッツ州のBeth Israel Deaconess Medical Center、処方薬局の米Longs Drugsや米Walgreens、検査結果の管理を行う米Quest Diagnostics、医師4万人以上のカルテを管理する米AllScriptsなどの協力を取り付けているという。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7