「自分のカルテや処方箋を保管」-- Googleが医療情報管理サービスのベータ版公開

 米Googleは米国時間2008年5月19日、オンライン医療情報管理サービス「Google Health」のベータ版を公開した。同社Search & User Products部門担当副社長のMarissa Mayer氏が、同社の公式ブログへの投稿で明らかにした。ユーザーは自分の医療情報をオンラインで収集、保存、管理できる。利用は無料だが、現時点で同サービスを利用できるのは米国のみ。

 Google Healthでは、病院や処方薬局などと連携可能なプラットフォームを採用し、カルテ、処方履歴、検査結果といったデータを自動的に取り込めるようにしている。データはオンラインで管理するため、ユーザーはセカンド・オピニオンが必要な場合や、転院するときなども、自分の医療記録に容易にアクセスし、他の病院と共有できる。

 データにアクセスできるのは、デフォルトでユーザーのみに限定されており、ユーザーが許可しない限り、第三者は閲覧できない。またデータの削除は、本人の意志でいつでも自由に行える。

 同社は2008年2月より、米国クリーブランド州の医療機関Cleveland Clinicと共同でパイロット・プロジェクトを行い、Google Healthを試験的に運用していた(関連記事:Google、Webで医療情報を管理できる「Google Health」の詳細を発表)。CNET News.comの報道によると、今回のベータ版公開にあたり、Cleveland Clinicのほか、マサチューセッツ州のBeth Israel Deaconess Medical Center、処方薬局の米Longs Drugsや米Walgreens、検査結果の管理を行う米Quest Diagnostics、医師4万人以上のカルテを管理する米AllScriptsなどの協力を取り付けているという。(ITPro

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1