Google、Webで医療情報を管理できる「Google Health」の詳細を発表

 米Googleは米国時間2008年2月28日、開発中のオンライン医療情報管理サービス「Google Health」の詳細について発表した。同サービスは、ユーザーがオンラインで自分の医療情報を収集、保存、管理できるようにする。同社Search & User Products部門担当副社長のMarissa Mayer氏が、同社の公式ブログへの投稿で明らかにした。

 Google Healthでは、病院や医療サービス機関など、外部との相互運用が可能なプラットフォームを採用している。このためユーザーはカルテ、処方履歴、検査結果といったデータを自動的に取り込み、Google Health上でアクセス、管理できる。将来はサービスやツールを強化し、診察予約や処方せんの発行依頼などにも対応する予定。

 Googleは、同サービスの強みが“ポータビリティ”にあると説明する。インターネットを介して自由にアクセスできるため、転院する場合なども、医療記録を発行してもらって持ち運ぶ必要がない。かかりつけの病院から自分の医療データを取り込み、別の病院と共有できるように設定できる。

 個人情報については、ユーザーの許可がない限り第三者と共有せずユーザーが完全にコントロールできるようにする、という方針を明らかにした。また、医療関係者から成るGoogle Health Advisory Councilを設け、プライバシ・ポリシーの策定と実践に取り組むとしている。

 同社は、今後数カ月に同サービスの公開を計画しているが、フィードバックを得ながら修正を繰り返し、サービス向上を図る考え。

 ちなみに同社は前週、米国クリーブランド州の医療機関Cleveland Clinicと提携してパイロット・プロジェクトの運用を開始した。1500〜1万人の患者を対象とする同プロジェクトでは、Cleveland ClinicのシステムとGoogle Health間で、処方せん、病状、アレルギー情報といった患者の医療記録をやり取りする。





ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:211
  2. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:107
  4. ベンゾジアゼピンの処方は市中肺炎のリスク Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:140
  5. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  6. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  7. 外科医は短気だから短期トレードで損を出す? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  8. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:48
  9. 動脈硬化は朝食をとらない人に多い J Am Coll Cardiol誌から FBシェア数:168
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67