Google、Webで医療情報を管理できる「Google Health」の詳細を発表

 米Googleは米国時間2008年2月28日、開発中のオンライン医療情報管理サービス「Google Health」の詳細について発表した。同サービスは、ユーザーがオンラインで自分の医療情報を収集、保存、管理できるようにする。同社Search & User Products部門担当副社長のMarissa Mayer氏が、同社の公式ブログへの投稿で明らかにした。

 Google Healthでは、病院や医療サービス機関など、外部との相互運用が可能なプラットフォームを採用している。このためユーザーはカルテ、処方履歴、検査結果といったデータを自動的に取り込み、Google Health上でアクセス、管理できる。将来はサービスやツールを強化し、診察予約や処方せんの発行依頼などにも対応する予定。

 Googleは、同サービスの強みが“ポータビリティ”にあると説明する。インターネットを介して自由にアクセスできるため、転院する場合なども、医療記録を発行してもらって持ち運ぶ必要がない。かかりつけの病院から自分の医療データを取り込み、別の病院と共有できるように設定できる。

 個人情報については、ユーザーの許可がない限り第三者と共有せずユーザーが完全にコントロールできるようにする、という方針を明らかにした。また、医療関係者から成るGoogle Health Advisory Councilを設け、プライバシ・ポリシーの策定と実践に取り組むとしている。

 同社は、今後数カ月に同サービスの公開を計画しているが、フィードバックを得ながら修正を繰り返し、サービス向上を図る考え。

 ちなみに同社は前週、米国クリーブランド州の医療機関Cleveland Clinicと提携してパイロット・プロジェクトの運用を開始した。1500〜1万人の患者を対象とする同プロジェクトでは、Cleveland ClinicのシステムとGoogle Health間で、処方せん、病状、アレルギー情報といった患者の医療記録をやり取りする。





ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  2. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:21
  3. 中国で流行拡大、家禽類の感染まん延が原因か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:141
  4. 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』最終案… リポート◎冠動脈疾患の発症を重視した動脈硬化治療の新指針 FBシェア数:264
  5. 株式投資なんてギャンブルでしょ…は誤解! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  6. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  7. 「入局は決めたけど、やりたいことはありません」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  9. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 週刊誌の「薬を飲むな!」に自らの服薬指導の危うさ… Inside Outside FBシェア数:43