Google、Webで医療情報を管理できる「Google Health」の詳細を発表

 米Googleは米国時間2008年2月28日、開発中のオンライン医療情報管理サービス「Google Health」の詳細について発表した。同サービスは、ユーザーがオンラインで自分の医療情報を収集、保存、管理できるようにする。同社Search & User Products部門担当副社長のMarissa Mayer氏が、同社の公式ブログへの投稿で明らかにした。

 Google Healthでは、病院や医療サービス機関など、外部との相互運用が可能なプラットフォームを採用している。このためユーザーはカルテ、処方履歴、検査結果といったデータを自動的に取り込み、Google Health上でアクセス、管理できる。将来はサービスやツールを強化し、診察予約や処方せんの発行依頼などにも対応する予定。

 Googleは、同サービスの強みが“ポータビリティ”にあると説明する。インターネットを介して自由にアクセスできるため、転院する場合なども、医療記録を発行してもらって持ち運ぶ必要がない。かかりつけの病院から自分の医療データを取り込み、別の病院と共有できるように設定できる。

 個人情報については、ユーザーの許可がない限り第三者と共有せずユーザーが完全にコントロールできるようにする、という方針を明らかにした。また、医療関係者から成るGoogle Health Advisory Councilを設け、プライバシ・ポリシーの策定と実践に取り組むとしている。

 同社は、今後数カ月に同サービスの公開を計画しているが、フィードバックを得ながら修正を繰り返し、サービス向上を図る考え。

 ちなみに同社は前週、米国クリーブランド州の医療機関Cleveland Clinicと提携してパイロット・プロジェクトの運用を開始した。1500〜1万人の患者を対象とする同プロジェクトでは、Cleveland ClinicのシステムとGoogle Health間で、処方せん、病状、アレルギー情報といった患者の医療記録をやり取りする。





ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1