Google、Webで医療情報を管理できる「Google Health」の詳細を発表

 米Googleは米国時間2008年2月28日、開発中のオンライン医療情報管理サービス「Google Health」の詳細について発表した。同サービスは、ユーザーがオンラインで自分の医療情報を収集、保存、管理できるようにする。同社Search & User Products部門担当副社長のMarissa Mayer氏が、同社の公式ブログへの投稿で明らかにした。

 Google Healthでは、病院や医療サービス機関など、外部との相互運用が可能なプラットフォームを採用している。このためユーザーはカルテ、処方履歴、検査結果といったデータを自動的に取り込み、Google Health上でアクセス、管理できる。将来はサービスやツールを強化し、診察予約や処方せんの発行依頼などにも対応する予定。

 Googleは、同サービスの強みが“ポータビリティ”にあると説明する。インターネットを介して自由にアクセスできるため、転院する場合なども、医療記録を発行してもらって持ち運ぶ必要がない。かかりつけの病院から自分の医療データを取り込み、別の病院と共有できるように設定できる。

 個人情報については、ユーザーの許可がない限り第三者と共有せずユーザーが完全にコントロールできるようにする、という方針を明らかにした。また、医療関係者から成るGoogle Health Advisory Councilを設け、プライバシ・ポリシーの策定と実践に取り組むとしている。

 同社は、今後数カ月に同サービスの公開を計画しているが、フィードバックを得ながら修正を繰り返し、サービス向上を図る考え。

 ちなみに同社は前週、米国クリーブランド州の医療機関Cleveland Clinicと提携してパイロット・プロジェクトの運用を開始した。1500〜1万人の患者を対象とする同プロジェクトでは、Cleveland ClinicのシステムとGoogle Health間で、処方せん、病状、アレルギー情報といった患者の医療記録をやり取りする。





ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16