IBMとMayo Clinic、医療画像の研究センターを設立

 米IBMと医療関連の非営利団体Mayo Clinicは米国時間1月9日、医療画像技術の発展および患者ケアの向上を目的とした共同研究センター「Medical Imaging Informatics Innovation Center(MI3C)」を設立する計画を発表した。このセンターは、米ミネソタ州ロチェスタにあるMayo Clinicの構内に設置される。

 MI3Cの設立は、IBMとMayoが2007年に発表した共同研究を拡張するもの。これまでのIBMとMayoによる共同研究を通じて医療画像を最大50倍の速さで作成できるようになったため、腫瘍の拡大や縮小といった診断にかかる時間が短縮されたという。

 新しい施設では、医療画像および放射線医学関連のプロジェクトが進められる。これらの研究は、医師により正確な情報をより早く提供することを目的とするもの。その一例として、高解像度の臓器画像に同じ組織のデータを組み込んでより詳しい情報を提供したり、画像誘導による腫瘍切除や、画像比較により自動的に変化を検出して分析する技術などが研究される。

 MI3Cには、ハイエンドの画像処理ソフトウエアやIBM、ソニー、東芝が共同開発したマイクロプロセサ「Cell Broadband Engine」を搭載するIBMのシステムやブレード技術といったハードウエアなどが導入される。IBMとMayoの双方の合意により、将来的には同施設における共同研究にサードパーティも参加できるようになるという。



ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25