JBCCの08年3月期中間は減収・増益、自社ソフトと医療事業に明るさ

 システムの構築・販売を手掛けるJBCCホールディングスは11月8日、08年3月期の中間決算を発表した。石黒和義代表取締役社長は「情報ソリューションは、ハードやソフトの販売が落ち込んだが、システム構築でカバーした。自社開発のソフトウエアも大きく伸びた。これによって、利益はプラスを確保できた」と安堵の表情を見せる。

 ソフトウエアは自社開発の製品部門が好調だという。「今期は四半期の売上が初めて2億円を超えた。なかでも新製品のデータ連携ソフトウエアが寄与した」(石黒社長)。来年の08年度には全体で年間10億円を目指す計画を示した。

 このほか、医療機関向けのシステム構築やサービス提供分野は、05年上期の売上が1億4000万円に対して、06年上期は2億8000万円。07 年上期は4億9000万円と着実に伸びている。一方で、JBCCと同じく日本IBMとの取引が多いニイウスコーは8月末の連結決算で、医療事業に失敗したとして巨額の損失を計上。全取締役の退任を決めた。

 こうしたJBCCとニイウスの違いについての質問に石黒社長は、「ニイウスの詳細は分からない。ただ、当社は中規模の医療機関に絞り、事業を慎重に展開している。また、身の丈にあった投資を心がけている」と説明する。

 08年3月期の中間決算は前年同期比4.7%減の売上高476億300万円。販売管理費を差し引いた営業利益は同0.3%増の14億9100万円となった。営業外の収益を考慮した経常利益は3.9%増の15億5200万円だった。通期では、売上高1000億円、営業利益34億5000万円を目指す。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19