JBCCの08年3月期中間は減収・増益、自社ソフトと医療事業に明るさ

 システムの構築・販売を手掛けるJBCCホールディングスは11月8日、08年3月期の中間決算を発表した。石黒和義代表取締役社長は「情報ソリューションは、ハードやソフトの販売が落ち込んだが、システム構築でカバーした。自社開発のソフトウエアも大きく伸びた。これによって、利益はプラスを確保できた」と安堵の表情を見せる。

 ソフトウエアは自社開発の製品部門が好調だという。「今期は四半期の売上が初めて2億円を超えた。なかでも新製品のデータ連携ソフトウエアが寄与した」(石黒社長)。来年の08年度には全体で年間10億円を目指す計画を示した。

 このほか、医療機関向けのシステム構築やサービス提供分野は、05年上期の売上が1億4000万円に対して、06年上期は2億8000万円。07 年上期は4億9000万円と着実に伸びている。一方で、JBCCと同じく日本IBMとの取引が多いニイウスコーは8月末の連結決算で、医療事業に失敗したとして巨額の損失を計上。全取締役の退任を決めた。

 こうしたJBCCとニイウスの違いについての質問に石黒社長は、「ニイウスの詳細は分からない。ただ、当社は中規模の医療機関に絞り、事業を慎重に展開している。また、身の丈にあった投資を心がけている」と説明する。

 08年3月期の中間決算は前年同期比4.7%減の売上高476億300万円。販売管理費を差し引いた営業利益は同0.3%増の14億9100万円となった。営業外の収益を考慮した経常利益は3.9%増の15億5200万円だった。通期では、売上高1000億円、営業利益34億5000万円を目指す。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476