東京特殊電線、マンモグラフィ画像表示用液晶ディスプレイを12月に発売

 東京特殊電線は2007年11月1日、医用画像の高解像度化に対応する1500万画素表示の超高解像度21.3型モノクローム液晶ディスプレイをマンモグラフィ画像表示用に開発し、12月より受注を開始すると発表した。

 新開発のモノクロ液晶ディスプレイ「MS51i2」は、同社が開発した新技術「ISD(Independent Sub-pixel Drive)テクノロジー」(特許出願中)を搭載することで、1500万画素の超高解像度を実現したという。特徴としては、微細な形状の表示に優れ、原画像に忠実な表示が可能になるとしている。

 ISDテクノロジーは、入力画像の詳細な情報に応じてモノクロームLCDの3つのサブピクセルを独立駆動して解像度を3倍化する技術。従来のLCDパネルを使用しても、液晶ディスプレイにISDアルゴリズムを組み込み、専用ビューワーソフトウェアを使用することで3倍の解像度を実現化した、としている。

 同社によると、従来の医用画像表示用ディスプレイは最高解像度が500万画素で、1500万画素表示のモノクロ液晶ディスプレイは「世界で初めて」という。

 「MS51i2」は、11月21日、22日にパシフィコ横浜会議センターで開催される第17回日本乳癌検診学会総会に出展する予定。(井関 清経)







ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172