東京特殊電線、マンモグラフィ画像表示用液晶ディスプレイを12月に発売

 東京特殊電線は2007年11月1日、医用画像の高解像度化に対応する1500万画素表示の超高解像度21.3型モノクローム液晶ディスプレイをマンモグラフィ画像表示用に開発し、12月より受注を開始すると発表した。

 新開発のモノクロ液晶ディスプレイ「MS51i2」は、同社が開発した新技術「ISD(Independent Sub-pixel Drive)テクノロジー」(特許出願中)を搭載することで、1500万画素の超高解像度を実現したという。特徴としては、微細な形状の表示に優れ、原画像に忠実な表示が可能になるとしている。

 ISDテクノロジーは、入力画像の詳細な情報に応じてモノクロームLCDの3つのサブピクセルを独立駆動して解像度を3倍化する技術。従来のLCDパネルを使用しても、液晶ディスプレイにISDアルゴリズムを組み込み、専用ビューワーソフトウェアを使用することで3倍の解像度を実現化した、としている。

 同社によると、従来の医用画像表示用ディスプレイは最高解像度が500万画素で、1500万画素表示のモノクロ液晶ディスプレイは「世界で初めて」という。

 「MS51i2」は、11月21日、22日にパシフィコ横浜会議センターで開催される第17回日本乳癌検診学会総会に出展する予定。(井関 清経)







ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0