東京特殊電線、マンモグラフィ画像表示用液晶ディスプレイを12月に発売

 東京特殊電線は2007年11月1日、医用画像の高解像度化に対応する1500万画素表示の超高解像度21.3型モノクローム液晶ディスプレイをマンモグラフィ画像表示用に開発し、12月より受注を開始すると発表した。

 新開発のモノクロ液晶ディスプレイ「MS51i2」は、同社が開発した新技術「ISD(Independent Sub-pixel Drive)テクノロジー」(特許出願中)を搭載することで、1500万画素の超高解像度を実現したという。特徴としては、微細な形状の表示に優れ、原画像に忠実な表示が可能になるとしている。

 ISDテクノロジーは、入力画像の詳細な情報に応じてモノクロームLCDの3つのサブピクセルを独立駆動して解像度を3倍化する技術。従来のLCDパネルを使用しても、液晶ディスプレイにISDアルゴリズムを組み込み、専用ビューワーソフトウェアを使用することで3倍の解像度を実現化した、としている。

 同社によると、従来の医用画像表示用ディスプレイは最高解像度が500万画素で、1500万画素表示のモノクロ液晶ディスプレイは「世界で初めて」という。

 「MS51i2」は、11月21日、22日にパシフィコ横浜会議センターで開催される第17回日本乳癌検診学会総会に出展する予定。(井関 清経)







ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
  2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
  3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
  4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
  5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
  7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
  8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
  10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266