ウィルコム、PHS活用し国立病院結ぶ通信網を構築

 PHS事業者のウィルコムはこのたび、独立行政法人の国立病院機構の総合情報ネットワーク「HOSPnet」の基幹ネットワークシステムの構築について受注した。

 同機構の全国176カ所の国立病院や医療関連機関を結ぶ、PHSと光回線を組み合わせた大規模な基幹網を構築する。医療機器に比較的影響が少ないといわれるPHSの特性を生かし、国立病院相互の電子カルテ共有などに活用するシステム構築を推し進めることで、医療現場のIT化を後押しする。

 ウィルコムは、現在、事業化に向けて取り組んでいる最高速度20Mbps超を実現する「次世代PHS」に対応したソリューションの提案も視野に入れ、同機構が目指す医療サービスの向上を支援していく予定。



















ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4