ナナオ、電子カルテ画像表示モニター4機種を発売

 映像機器メーカーのナナオは、電子カルテや診断所見レポートに用いる医用画像データを、DICOM Part 14で表示できる電子カルテ画像表示モニター「EIZO FlexScanR MX-Series」4機種を2007年10月25日から順次、発売する。

 現在、医療現場はフィルムレスの普及期に移行しつつあり、参照用モニターにおいても DICOM Part 14に準拠した階調表示のニーズが高まっている。これを受けてナナオは、DICOM Part 14の階調表示に準拠し、かつ、キャリブレーションが可能な電子カルテ画像表示モニターを発売する。

400万画素の情報量を1台で表示できる「FlexScan MX300W」

400万画素の情報量を1台で表示できる「FlexScan MX300W」

 発売するカラー液晶モニターは、400万画素の情報量を1台で表示できるハイエンドの「FlexScan MX300W」(写真/29.8型:2007年12月25日発売)のほか、「FlexScan MX240W」(24.1型:2007年11月15日発売)、「FlexScan MX210」(21.3型:2007年10月25日発売)、「FlexScan MX190」(19型:2008年1月15日発売)の4機種。

 主な特長は、「自己診断機能で輝度変化を検知した場合、自己補正機能で DICOM Part 14に準拠した簡易キャリブレーションを実行する」、「1600×1200のUXGA表示での電子カルテ閲覧の際、医用画像の表示がカルテのテキスト部分に重ならずに快適な作業領域を保るワイド画面表示(MX300W、MX240W)」、「モニター部を縦方向に90度のローテーション可能(要:縦表示対応グラフィクスボード)」など。

 上記製品は、同社が2007年1月から販売している医用液晶モニター「RadiForce」シリーズと同様に、5年間の保証付き。製品の詳細、問い合わせは、下記Webページを参照。

■ナナオのホームページ
 http://radiforce.com/jp/

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:144
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:96
  5. 貯金?最悪!元本保証の呪縛から解き放たれよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  6. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  7. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限 FBシェア数:54
  8. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  9. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1837