ナナオ、電子カルテ画像表示モニター4機種を発売

 映像機器メーカーのナナオは、電子カルテや診断所見レポートに用いる医用画像データを、DICOM Part 14で表示できる電子カルテ画像表示モニター「EIZO FlexScanR MX-Series」4機種を2007年10月25日から順次、発売する。

 現在、医療現場はフィルムレスの普及期に移行しつつあり、参照用モニターにおいても DICOM Part 14に準拠した階調表示のニーズが高まっている。これを受けてナナオは、DICOM Part 14の階調表示に準拠し、かつ、キャリブレーションが可能な電子カルテ画像表示モニターを発売する。

400万画素の情報量を1台で表示できる「FlexScan MX300W」

400万画素の情報量を1台で表示できる「FlexScan MX300W」

 発売するカラー液晶モニターは、400万画素の情報量を1台で表示できるハイエンドの「FlexScan MX300W」(写真/29.8型:2007年12月25日発売)のほか、「FlexScan MX240W」(24.1型:2007年11月15日発売)、「FlexScan MX210」(21.3型:2007年10月25日発売)、「FlexScan MX190」(19型:2008年1月15日発売)の4機種。

 主な特長は、「自己診断機能で輝度変化を検知した場合、自己補正機能で DICOM Part 14に準拠した簡易キャリブレーションを実行する」、「1600×1200のUXGA表示での電子カルテ閲覧の際、医用画像の表示がカルテのテキスト部分に重ならずに快適な作業領域を保るワイド画面表示(MX300W、MX240W)」、「モニター部を縦方向に90度のローテーション可能(要:縦表示対応グラフィクスボード)」など。

 上記製品は、同社が2007年1月から販売している医用液晶モニター「RadiForce」シリーズと同様に、5年間の保証付き。製品の詳細、問い合わせは、下記Webページを参照。

■ナナオのホームページ
 http://radiforce.com/jp/

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146