ナナオ、電子カルテ画像表示モニター4機種を発売

 映像機器メーカーのナナオは、電子カルテや診断所見レポートに用いる医用画像データを、DICOM Part 14で表示できる電子カルテ画像表示モニター「EIZO FlexScanR MX-Series」4機種を2007年10月25日から順次、発売する。

 現在、医療現場はフィルムレスの普及期に移行しつつあり、参照用モニターにおいても DICOM Part 14に準拠した階調表示のニーズが高まっている。これを受けてナナオは、DICOM Part 14の階調表示に準拠し、かつ、キャリブレーションが可能な電子カルテ画像表示モニターを発売する。

400万画素の情報量を1台で表示できる「FlexScan MX300W」

400万画素の情報量を1台で表示できる「FlexScan MX300W」

 発売するカラー液晶モニターは、400万画素の情報量を1台で表示できるハイエンドの「FlexScan MX300W」(写真/29.8型:2007年12月25日発売)のほか、「FlexScan MX240W」(24.1型:2007年11月15日発売)、「FlexScan MX210」(21.3型:2007年10月25日発売)、「FlexScan MX190」(19型:2008年1月15日発売)の4機種。

 主な特長は、「自己診断機能で輝度変化を検知した場合、自己補正機能で DICOM Part 14に準拠した簡易キャリブレーションを実行する」、「1600×1200のUXGA表示での電子カルテ閲覧の際、医用画像の表示がカルテのテキスト部分に重ならずに快適な作業領域を保るワイド画面表示(MX300W、MX240W)」、「モニター部を縦方向に90度のローテーション可能(要:縦表示対応グラフィクスボード)」など。

 上記製品は、同社が2007年1月から販売している医用液晶モニター「RadiForce」シリーズと同様に、5年間の保証付き。製品の詳細、問い合わせは、下記Webページを参照。

■ナナオのホームページ
 http://radiforce.com/jp/

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正