富士通、手のひら静脈認証装置による患者認証システムを構築

恵佑会札幌病院で10月1日から稼働、国内の医療機関では初採用

 富士通は10月1日、恵佑会札幌病院(札幌市白石区)に、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」の認証技術を電子カルテシステムに活用した患者認証システムを納入し、入院患者の手術実施時の認証を同日から開始したと発表した。富士通によると、医療機関で手のひら静脈認証技術を患者認証に採用したのは国内では初めてという。手のひら静脈認証技術の採用で「患者の取り違えや投薬ミスなどの医療事故を未然に防ぎ、より安全な医療環境を実現できる」としている。

 富士通は2004年に、恵佑会札幌病院に富士通の電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN−EX」を納入・稼動させており、その電子カルテシステムと、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」が連携した患者認証システムを構築した。

 今回、同院に納入・稼働させた患者認証システムは、医師が電子カルテに入力した患者に関する手術指示のオーダーと、実際に手術を受ける患者本人との適合を照合する。手術予定のある患者の手のひら静脈の情報をあらかじめ電子カルテに登録し、手術当日、手術室に入室する患者の手のひら静脈の情報と登録されている静脈情報を照合する。静脈認証により本人であることが確認されてはじめて手術をすることにより、同姓同名をはじめとした患者の取り違えを防止することなどに役立てる。

 同院では当面、手術患者を認証の対象として運用していくが、今後は放射線、内視鏡、生理機能等の各検査や、輸血、注射投与など患者リスクの高い医療行為を受ける患者への拡大を計画しているという。






ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トランプ氏に学ぶ!?脂漏性皮膚炎の診かた 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:5
  2. 57歳男性。動悸、呼吸困難 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. もういいッ…!休めッ…! 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:137
  4. ブランク10年の看護師の一言に青ざめた患者 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:34
  5. 「これはやばそうだ」という直感を磨くには 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:29
  6. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:293
  7. X線透視が不要なカテーテル手術を実現 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:214
  8. ハーボニー偽造品が東京都で新たに9本発見 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:539
  9. 25歳男性。胸痛 日経メディクイズ●救急
  10. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:434