富士通、手のひら静脈認証装置による患者認証システムを構築

恵佑会札幌病院で10月1日から稼働、国内の医療機関では初採用

 富士通は10月1日、恵佑会札幌病院(札幌市白石区)に、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」の認証技術を電子カルテシステムに活用した患者認証システムを納入し、入院患者の手術実施時の認証を同日から開始したと発表した。富士通によると、医療機関で手のひら静脈認証技術を患者認証に採用したのは国内では初めてという。手のひら静脈認証技術の採用で「患者の取り違えや投薬ミスなどの医療事故を未然に防ぎ、より安全な医療環境を実現できる」としている。

 富士通は2004年に、恵佑会札幌病院に富士通の電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN−EX」を納入・稼動させており、その電子カルテシステムと、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」が連携した患者認証システムを構築した。

 今回、同院に納入・稼働させた患者認証システムは、医師が電子カルテに入力した患者に関する手術指示のオーダーと、実際に手術を受ける患者本人との適合を照合する。手術予定のある患者の手のひら静脈の情報をあらかじめ電子カルテに登録し、手術当日、手術室に入室する患者の手のひら静脈の情報と登録されている静脈情報を照合する。静脈認証により本人であることが確認されてはじめて手術をすることにより、同姓同名をはじめとした患者の取り違えを防止することなどに役立てる。

 同院では当面、手術患者を認証の対象として運用していくが、今後は放射線、内視鏡、生理機能等の各検査や、輸血、注射投与など患者リスクの高い医療行為を受ける患者への拡大を計画しているという。






ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
  4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
  5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
  7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
  8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
  9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
  10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正