富士通、手のひら静脈認証装置による患者認証システムを構築

恵佑会札幌病院で10月1日から稼働、国内の医療機関では初採用

 富士通は10月1日、恵佑会札幌病院(札幌市白石区)に、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」の認証技術を電子カルテシステムに活用した患者認証システムを納入し、入院患者の手術実施時の認証を同日から開始したと発表した。富士通によると、医療機関で手のひら静脈認証技術を患者認証に採用したのは国内では初めてという。手のひら静脈認証技術の採用で「患者の取り違えや投薬ミスなどの医療事故を未然に防ぎ、より安全な医療環境を実現できる」としている。

 富士通は2004年に、恵佑会札幌病院に富士通の電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN−EX」を納入・稼動させており、その電子カルテシステムと、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」が連携した患者認証システムを構築した。

 今回、同院に納入・稼働させた患者認証システムは、医師が電子カルテに入力した患者に関する手術指示のオーダーと、実際に手術を受ける患者本人との適合を照合する。手術予定のある患者の手のひら静脈の情報をあらかじめ電子カルテに登録し、手術当日、手術室に入室する患者の手のひら静脈の情報と登録されている静脈情報を照合する。静脈認証により本人であることが確認されてはじめて手術をすることにより、同姓同名をはじめとした患者の取り違えを防止することなどに役立てる。

 同院では当面、手術患者を認証の対象として運用していくが、今後は放射線、内視鏡、生理機能等の各検査や、輸血、注射投与など患者リスクの高い医療行為を受ける患者への拡大を計画しているという。






ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:29
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:470
  5. 8歳男児。主訴:血尿の精査 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. 常に良き観察者たれ!見えないものに目を向けろ 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:113
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1
  9. 注射器片手に「HIV陽性よ!」と叫ぶ患者 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:2
  10. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:150