富士通、手のひら静脈認証装置による患者認証システムを構築

恵佑会札幌病院で10月1日から稼働、国内の医療機関では初採用

 富士通は10月1日、恵佑会札幌病院(札幌市白石区)に、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」の認証技術を電子カルテシステムに活用した患者認証システムを納入し、入院患者の手術実施時の認証を同日から開始したと発表した。富士通によると、医療機関で手のひら静脈認証技術を患者認証に採用したのは国内では初めてという。手のひら静脈認証技術の採用で「患者の取り違えや投薬ミスなどの医療事故を未然に防ぎ、より安全な医療環境を実現できる」としている。

 富士通は2004年に、恵佑会札幌病院に富士通の電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN−EX」を納入・稼動させており、その電子カルテシステムと、手のひら静脈認証装置「PalmSecure」が連携した患者認証システムを構築した。

 今回、同院に納入・稼働させた患者認証システムは、医師が電子カルテに入力した患者に関する手術指示のオーダーと、実際に手術を受ける患者本人との適合を照合する。手術予定のある患者の手のひら静脈の情報をあらかじめ電子カルテに登録し、手術当日、手術室に入室する患者の手のひら静脈の情報と登録されている静脈情報を照合する。静脈認証により本人であることが確認されてはじめて手術をすることにより、同姓同名をはじめとした患者の取り違えを防止することなどに役立てる。

 同院では当面、手術患者を認証の対象として運用していくが、今後は放射線、内視鏡、生理機能等の各検査や、輸血、注射投与など患者リスクの高い医療行為を受ける患者への拡大を計画しているという。






ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33