富士通コンポーネントとワコム、コンピューターを遠隔操作できるソリューション

 富士通コンポーネント(以下、FCL)とワコムは9月11日、FCLの高解像度モニタコンソール延長遠隔ユニット「Cat5(キャットファイブ)エクステンダー」(※注1)を介して、ワコムの液晶ペンタブレットとパソコン・サーバー・ワークステーション本体を最大300m離れた地点から操作できるソリューションを開発し、9月下旬から発売すると発表した。

 通常、コンピューターにディスプレイを接続して表示させる際、ケーブルを長くすると画像が劣化し、正常に表示さず、またペンタブレットやキーボード、マウスの信号も同様で、正常な性能を発揮しにくい。

 今回、両社が発売するソリューションは、液晶ペンタブレットとコンピューターの間に「Cat5エクステンダー」の送・受信ユニットを挿入し、FCLが提供する汎用の「Cat5E UTP」ケーブルで接続することで、液晶ペンタブレットとコンピュータの距離を最大300mまで延長しても、アプリケーションのデータ操作、手書き入力ができるようにしたという。両社は医療分野で電子カルテやさまざまな機器の普及に伴って液晶ペンタブレット導入が広がると見込んでおり、このソリューション提供を契機に新規・既存顧客への販売拡大を狙う。販売価格は1システム20万円〜の予定。

注1:Cat5エクステンダー
 高解像度モニタコンソールをSXGA(1280×1024ドット)で300mまで延長接続可能とした遠隔ユニット。専用ケーブルの交換のみで、PS/2、PC USB、Sun 8ピン、Sun USBの本体と接続できる。FCLでは、マウスとモニターを延長する機種と、オーディオやタッチパネルも延長できる機種を用意している

富士通コンポーネントの報道資料へ

ワコムの報道資料へ



ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256