Intelとインドの保健家族福祉省、遠隔医療のIT利用で連携

 米Intelは、インドの医療分野におけるIT活用の推進に関して、同国の保健家族福祉省と協力する。Intelがインド現地時間の9月3日に明らかにしたもの。同社が展開する開発途上国向けICT(情報通信技術)普及促進プログラム「World Ahead」の一環となる。

 同省とIntelは、インドのMicrosense、S.N. Informatics、Tata Consultancy Servicesといった企業の協力を得て、インド南東部にある人口約6200万人のタミルナードゥ州において、テレヘルス(遠隔医療)プログラムと、学校向け健康監視システムの導入を推進する。(ITPro)

■全文は、ITProの記事でご覧いただけます。













ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0