IntelとMotion Computing、医療向けモバイル端末を発表

 米Intelは米国時間2月20日、医療向けの新しいモバイル・プラットフォーム「MCA(Mobile Clinical Assistant)」を発表した。MCAは、Intelが初めて医療分野に特化して開発したプラットフォーム。医師が患者に関する幅広い情報にリアルタイムでアクセスできるようにすることを目的としている。米Motion Computingの「Motion C5」がMCAプラットフォームに基づく初の医療用モバイル端末となる。

 軽量で落下の衝撃にも強いMotion C5は、防水性があり、簡単に消毒できる。ワイヤレス接続で患者の最新の情報にアクセスしたり、患者の状態を即座に記録できるため、スタッフの管理タスクを軽減しながら、作業の流れを改善できるという。が、近年電子カルテの導入が急速に進む米国の専門家は、日本での普及には懐疑的だ。

■詳しくは、「ITPro」の記事全文をご覧ください。









ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13