IntelとMotion Computing、医療向けモバイル端末を発表

 米Intelは米国時間2月20日、医療向けの新しいモバイル・プラットフォーム「MCA(Mobile Clinical Assistant)」を発表した。MCAは、Intelが初めて医療分野に特化して開発したプラットフォーム。医師が患者に関する幅広い情報にリアルタイムでアクセスできるようにすることを目的としている。米Motion Computingの「Motion C5」がMCAプラットフォームに基づく初の医療用モバイル端末となる。

 軽量で落下の衝撃にも強いMotion C5は、防水性があり、簡単に消毒できる。ワイヤレス接続で患者の最新の情報にアクセスしたり、患者の状態を即座に記録できるため、スタッフの管理タスクを軽減しながら、作業の流れを改善できるという。が、近年電子カルテの導入が急速に進む米国の専門家は、日本での普及には懐疑的だ。

■詳しくは、「ITPro」の記事全文をご覧ください。









ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56