IntelとMotion Computing、医療向けモバイル端末を発表

 米Intelは米国時間2月20日、医療向けの新しいモバイル・プラットフォーム「MCA(Mobile Clinical Assistant)」を発表した。MCAは、Intelが初めて医療分野に特化して開発したプラットフォーム。医師が患者に関する幅広い情報にリアルタイムでアクセスできるようにすることを目的としている。米Motion Computingの「Motion C5」がMCAプラットフォームに基づく初の医療用モバイル端末となる。

 軽量で落下の衝撃にも強いMotion C5は、防水性があり、簡単に消毒できる。ワイヤレス接続で患者の最新の情報にアクセスしたり、患者の状態を即座に記録できるため、スタッフの管理タスクを軽減しながら、作業の流れを改善できるという。が、近年電子カルテの導入が急速に進む米国の専門家は、日本での普及には懐疑的だ。

■詳しくは、「ITPro」の記事全文をご覧ください。









ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182