フジノン、映像コンテンツ作成装置を医療機関に販売強化

映像コンテンツ作成装置「KS20 研修君」

写真1:映像コンテンツ作成装置「KS20 研修君」

 総合光学機器メーカーのフジノンは、製造業などの工場の研修に使う機器として開発した簡便な映像コンテンツ作成装置「KS20 研修君」(写真1)を、医療機関にも売り込みを始めた。

 「KS20 研修君」は、言葉で繰り返し説明しても理解しにくい技能教育を、映像を活用することでわかりやすく伝えるために開発した。同装置は、高性能CCDカメラ、録画した映像に、図形や文字を手書きで書き込めるタッチパネル付き液晶モニター、ハードディスク装置で構成されている。重さは5.9kgと、持ち運べるサイズ。バーコードリーダー付きリモコンとポインティングペンが付属して、実勢価格は約120万円。

 装置のCCDカメラで撮影を行い、同時に付属のポインティングペンでモニタを見ながらポイントなどを書き込み、それをそのままコンテンツとして保存する(写真2)。また、他のビデオカメラなどで撮影した画像を読み込み、それにポイントなどを書き込んで保存することもできる。マイクを付けて、コンテンツに音声解説を追加することも可能だ。

ポインティングペンでモニタを見ながらポイントなどを書き込める

写真2:ポインティングペンでモニタを見ながらポイントなどを書き込める

 さらに、ハードディスクに保存したコンテンツは、ワンタッチでバーコード登録できる。バーコードプリンターで出力しておけば、付属のバーコードリーダーを使って、簡単に繰り返しコンテンツを呼び出すことができる。コンテンツは、USBメモリーやCD-Rなどの記録媒体に保存して、大きなディスプレイやプロジェクターなどに出力して再生することもできる。

 フジノンでは、学校教育、講演会でのプレゼンテーション、スポーツのコーチングなどでの用途も見込んでいるが、特に専門的な手術や問診などの技能のポイントを研修医に理解してもらうなど、医師の教育面でも需要が大きいと見込み、このほど、営業の強化を始めた。

■問い合わせ
フジノン 営業部 特殊機器課
TEL:048-668-2149
「KS20研修君」のWebページ





ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1