【ホスピタルショウ】ブースレポート「日本IBM」

ヘルスケア機器の計測データを無線で瞬時に通信---「モバイルヘルスケアソリューション」

 7月11日から13日、今年で34回目を迎えた「国際モダンホスピタルショウ」が東京ビッグサイト(東京・有明)東展示棟4・5・6ホールを使用して、『健康増進で築く豊かな医療と福祉 − 新しい地域ケアの姿をめざして』をテーマに開催された。開催初日の7月11日、東展示棟5・6ホールに設けられた「医療情報システムゾーン」を取材した。




 日本IBMでは、生活習慣病の予防や在宅医療を支援するモバイルヘルスケアソリューションを出品。同ソリューションは、携帯電話と、血圧脈波計や体重計、万歩計などの各種ヘルスケア機器を、短距離無線通信技術であるBluetooth通信で無線接続し、計測データを携帯電話のデータ通信網を介して、医療機関などのデータベースへ保存できるもの。

 転送され、データベースに蓄積された患者の健康状態などは、医師が院内のパソコンなどから多角的に参照・分析することに役立ち、総合的な診断や遠隔医療の推進に役立つことを前提としている。たとえば、計測データから異常値を示した緊急対応が必要な患者を的確に見極めて優先的に治療を施す、といった利用を想定している。

 「圧力センサーなどを内蔵した医薬品のケースから、薬の減り具合や残量などを医師に伝え、患者に来院を促したり、服薬指導を行ったりする場面も将来的には考えられる」(日本IBM 東京基礎研究所 スタッフ・リサーチャー 相原達氏)。

 現在、Bluetoothに対応する医療機器は、A&D Medicalなど主に海外製の血圧計や体重計などに限られており、今後の周辺機器の拡充が前提となっており、IBMも普及を後押ししている。たとえば同社が参画する、ヘルスケア企業やITベンダーで構成されるホームヘルスケア支援団体「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」や、Bluetoothの規格・仕様の標準化を行うBluetooth SIGでは、医療機器に向けた新たなプロファイルの策定を推進しており、市場の拡大を促している。

 日本IBMでは、2008年4月から開始される医療保険者による基本検診と個別保健指導の義務化を背景に、モバイルヘルスケアソリューションへの関心が高まると見ている。(柏崎 吉一=ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正