NEC液晶が、読影とカラー画像診断にマルチ対応する液晶パネル

 NEC液晶テクノロジーは、2007年7月11〜13日に東京ビッグサイトで開催している「国際モダンホスピタルショウ2007」において、輝度を従来比2倍の900cd/m2に高めた医療モニター向けのカラー液晶パネルを初めて展示した。画素数が1600×1200の、いわゆる「2M(メガ)品」である。「医療モニター向けのカラー2M品としては、業界最高の輝度」(同社)という。

 医療モニターでは、内視鏡や超音波診断装置などで診断したカラーの画像を表示するためのカラー品の需要が高まっている。一方で、X線CT装置やMRIなどで撮影した画像を読影する場合には、高い階調特性が求められるため、輝度の高さが重要になる。

■詳しくは、Tech-On!の記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95