スタッフの位置が分かる無線セキュリティシステム

 シチズン時計は、軽量の無線式タグを着けた人の位置をほぼリアルタイムで検出できるセキュリティツール「CertifGate(サティフゲート)AP」を発売した。部屋や受付などに専用のアクセスポイントを設置しておくと、誰がどのアクセスポイントの近くにいるかを知ることができ、記録も残せる。

 アクセスポイントは、LANに接続する「APベース」と無線機能を持った「APアンテナ」から成る。APベース1台にはAPアンテナを4台まで接続できる。APアンテナの受信可能範囲は半径約5m。1アンテナ当たり最大100IDを同時に受信可能、システム全体では2000IDを収容できる。位置情報は2.5秒ごとに検出・更新する。

 パソコンのUSBポートに受信アンテナを装着し、登録した使用者がパソコンから離れると自動的にパソコンをロックする機能を備えた同社の既存システム「CertifGate」との連携も可能だ。

 300MHz帯の電波を使う方式で、電波出力はおよそ0.2μW。病院内でスタッフ間の連絡に用いられるPHSに比べても数10万分の1程度と極めて微弱だ。医用機器に対する影響についてメーカーは特に保証をしていないが、CertifGateは医療機関での利用実績もあるという。

 参考価格は、APアンテナが1万4000円、APベースが3万2000円。無線タグはネームプレートタイプが7500円、首から下げるホルダー型は8000円で、低コストでセキュリティシステムを構築できる。法人向けの製品で、2007年1月22日から受注を開始する。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:147
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:199
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:42
  4. 二次予防ならSGLT2阻害薬が第二選択薬に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《7》 FBシェア数:79
  5. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:55
  6. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:29
  7. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. あれ・それがどれ?で論文が台無しです! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:16
  9. アレルギー性鼻炎に世界初の経皮吸収型製剤 最新DIピックアップ FBシェア数:132
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:45
医師と医学研究者におすすめの英文校正