スタッフの位置が分かる無線セキュリティシステム

 シチズン時計は、軽量の無線式タグを着けた人の位置をほぼリアルタイムで検出できるセキュリティツール「CertifGate(サティフゲート)AP」を発売した。部屋や受付などに専用のアクセスポイントを設置しておくと、誰がどのアクセスポイントの近くにいるかを知ることができ、記録も残せる。

 アクセスポイントは、LANに接続する「APベース」と無線機能を持った「APアンテナ」から成る。APベース1台にはAPアンテナを4台まで接続できる。APアンテナの受信可能範囲は半径約5m。1アンテナ当たり最大100IDを同時に受信可能、システム全体では2000IDを収容できる。位置情報は2.5秒ごとに検出・更新する。

 パソコンのUSBポートに受信アンテナを装着し、登録した使用者がパソコンから離れると自動的にパソコンをロックする機能を備えた同社の既存システム「CertifGate」との連携も可能だ。

 300MHz帯の電波を使う方式で、電波出力はおよそ0.2μW。病院内でスタッフ間の連絡に用いられるPHSに比べても数10万分の1程度と極めて微弱だ。医用機器に対する影響についてメーカーは特に保証をしていないが、CertifGateは医療機関での利用実績もあるという。

 参考価格は、APアンテナが1万4000円、APベースが3万2000円。無線タグはネームプレートタイプが7500円、首から下げるホルダー型は8000円で、低コストでセキュリティシステムを構築できる。法人向けの製品で、2007年1月22日から受注を開始する。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79